任天堂『モンスターハンタークロス』を使ったNew3DSと3DSの処理速度検証動画を公開。ソフト起動で16秒もの差が開く

3ds-kidou_151201

任天堂は、カプコンより11月28日に発売となった3DS用ソフト『モンスターハンタークロス』を使用し、New3DSと3DSの処理速度を検証する動画を公開しました。

検証は「セーブデータを選択してからゲームを開始するまで」「クエストに出発してから開始まで」「エリア移動」「HOMEメニューからソフトを起動するまで」という4つのシーンで行われており、大小はあるものの、全てのシーンにおいてCPU性能が向上しているNew3DSがより早く処理を終えています。特に「ソフト起動」では、約16秒もの大差をつける結果となっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事