日本一ソフトウェアのVita新作『世界一長い5分間』はSYUPRO-DX開発のアドベンチャー!

5minutes_160328

5minutes_160328

日本一ソフトウェアが発表した新作PS Vita用ソフト『世界一長い5分間』は、スマホアプリの開発で知られるSYUPRO-DXが開発を手掛けるアドベンチャーゲームであることが、ファミ通最新号より明らかとなりました。

誌面には、勇者と魔王が今まさに戦おうとしているシーンが掲載。ただし、勇者は旅の経験も魔法も必殺技も、そもそもなぜ魔王と戦わなければならないのかという大元から全て忘れてしまっているのだそうです。

5minutes_160329

SYUPRO-DXはこれまでに、時間ループADV「彼女は最後にそう言った」、現代JRPG「奴は四天王の中で最も金持ち」、RPG/アドベンチャー「あなたってよく見るとドブネスミみたいな顔してるわけ」といった作品を手掛けています。(詳細はこちら

関連リンク
 ・ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事