PS4『エースコンバット7』はUnreal Engine 4で開発。『DRIVECLUB』などに使われた空の美しさを表現するテクノロジー「trueSKY」も導入

ace-combat-7_151207

ace-combat-7_151207

海外のPSイベント「PlayStation Experience 2015」にて発表されたPS4用ソフト『エースコンバット7』ですが、開発にはUnreal Engine 4を採用し、「trueSKY」と呼ばれるテクノロジーを導入していることが明らかとなりました。

「trueSKY」とは、空を美しく、低コストでなおかつ軽く表現するためのテクノロジー。また、通り抜ける雲、遠景描写、時間経過による天候変化、朝昼夜の切り替えなど自然に表現することもできるとのこと。リアルなグラフィックに定評のあるレースゲーム『DRIVECLUB』や、恐竜が闊歩する世界で過酷なサバイバルに挑む『ARK』などのゲームで採用されているほか、パイロットの安全訓練を行うFlightSafety International社も用途は不明ながら採用しているそうです。

ちなみに、PSX2015で公開されたトレーラーは、プリレンダリングムービーではなく全て実機上で動いているリアルタイムな映像であることがバンダイナムコエンターテインメントのゲームディレクター河野一聡氏のTwitterにて明言されています。

関連リンク
 ・AUTOMATON

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事