オメガフォース新作『進撃の巨人』はアニメ一期の内容を網羅!高解像度スクリーンショットが公開

attack-on-titan_150821 (2)

人気アニメを題材にオメガフォースが開発を進めているPS4/PS3/PS Vita用タクティカルハンティングアクション『進撃の巨人』の高解像度スクリーンショットが公開されました。







以下、公式リリースより。

コーエーテクモが魅せる『進撃の巨人』の新境地
~死力を尽くして巨人と戦え!~

PlayStation 4/PlayStation 3/PlayStation Vita 用ゲームソフト『進撃の巨人』は、世界中で大人気を誇るアニメ-ション「進撃の巨人」(諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会)の世界観を原作としたタクティカルハンティングアクションゲームです。
本作は、アニメ「進撃の巨人」の独特かつ魅力的な世界を忠実に再現。人類を喰らう脅威「巨人」に立ち向かう主人公・エレンたちの死闘を、新たに開発したビジュアル表現である、物理レンダリングによる“物理トゥーンシェーダー”で描き出し、まるでアニメの世界でキャラクターを操作しているようなプレイ画面が展開します。原作ファンにはお馴染みの「巨人」と戦うための装備「立体機動装置」による、大空を自由に飛びまわる高速移動の爽快感と、仲間とともに敵を討つ共闘アクションをお楽しみいただけます。
メインモードでは、2013 年に放送されたアニメ一期の内容をすべて網羅し、そのストーリーをたっぷりと追体験していただけますので、原作をまだご覧になっていない方でも、本作をプレイするだけで「進撃の巨人」の世界を体感することができます。
また、キャラクターにスポットを当てたシナリオも多数用意し、それぞれ重厚なドラマが展開。原作の世界観はそのままに、ゲームならではの表現をくわえ、作品の魅力をさらに色濃く描き出します。本編で活躍するキャラクターたちが多数登場し、それぞれの人間関係が描かれることはもちろん、キャラクターボイスにもアニメ本編と同じ豪華声優陣を迎え、原作ファンにとっても作品の魅力を深く楽しめる作品となります。
最新プラットフォームで描かれるゲーム『進撃の巨人』の世界をお楽しみください。

スポンサーリンク

ゲーム特色

新感覚の面白さ!これぞタクティカルハンティングアクション!

目まぐるしく状況が変化する過酷な戦場において、プレイヤー自身の戦略と行動の結果がゲームの攻略にダイレクトに結びつくタクティカル(戦術的)性を実現しました。自由度の高い戦術性に、巨大なボスに果敢に挑むハンティングアクションのスリルを融合させ、これまでのゲームにはなかった新感覚のバトルを提供します。
戦況に応じ、じっくり戦力を蓄えるべきか、いきなり大型の巨人に挑むか、プレイヤーの行動の取捨選択が決戦の行方を大きく分ける、新しい形のハンティングアクションです。

「立体機動」×「部位破壊」で魅せる巨人討伐アクション!

プレイヤーは「巨人」と戦うための装備「立体機動装置」を駆使することで、大空を自在に飛びまわることができます。この「立体機動アクション」を用いて仲間の窮地に駆けつけたり、時には敵を引き付けたりと戦場を駆け巡ります。
また「巨人」に勝利するには、弱点である“うなじ”を攻撃することが必要です。そのためには立体機動装置を用いての高所からの攻撃や、腕や足などの体の部位を破壊することで巨人を倒し、人間より遥かに大きい「巨人」のうなじに刃を叩き込みます。この「部位破壊」の導入により、巨大な敵とのスリル溢れる攻防に、さらなる戦略性が加わりました。

広大なステージで繰り広げられる戦場のドラマ!

広大な戦場を戦う兵士たちと「巨人」は、原作さながらにそれぞれ目的を持って行動し、それによって戦況は目まぐるしく移り変わります。さらに、街中では戦闘によって壁や屋根が崩壊するなど地形の変化が起こり、プレイヤーの行動範囲や取るべきアクションに影響することも。
状況が絶え間なく変化する緊迫感溢れた戦場を実現します。
また、人気キャラクターにスポットを当てたシナリオも多数用意し、物語はドラマチックに展開。原作ファンに強く訴求いたします。

原作の壮大なストーリーを最先端グラフィックで追体験!

本作では、プレイヤーがアニメ「進撃の巨人」の重厚な物語を追体験するストーリーが展開します。本編で活躍する「エレン」「ミカサ」などのキャラクターの登場はもちろん、キャラクターボイスにもアニメ本編と同じ豪華声優陣を迎えます。
また、新たに開発したビジュアル表現“物理トゥーンシェーダー”により、“アニメ世界とゲーム世界の融合”がテーマとなった独自のグラフィックを実現。これにより、プレイヤーがアニメキャラクターを自在に動かしているような感覚でゲームを遊んでいただけます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事