プラチナ神谷氏、カプコン在籍当時に見た『バイオハザード』シリーズの裏事情あれこれやディレクター業について語る

名作と名高い『バイオハザード2』や、もともとは『バイオハザード4』として開発されていたという経緯のある『デビルメイクライ』の生みの親などとして知られるプラチナゲームズの神谷英樹氏が、カプコン在籍当時に見た『バイオハザード』シリーズの顛末を自身のTwitterで語っています。

※↑補足:『ベヨネッタ』開発中に、偉い人からベヨネッタのメガネを取るように指示されるも、それを拒否したという出来事について。神谷氏は、この指示に対してとてもストレスを感じていたと明かしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事