全ては恐怖のために『バイオハザード7 レジデントイービル』実写映画に匹敵するフォトリアルな表現を実現する「REエンジン」実装!

biohazard7_160614(0)

カプコンは、PS4/XboxOne/PC用ソフト『バイオハザード7 レジデントイービル』の公式サイトをオープンしました。日本発売日は1月26日。価格はパッケージ版が7,990円、ダウンロード版はPS4が7,398円、XboOneが7,400円、Steam版が7,398円(全て税別)です。

また、本日よりPS Plus会員向けに体験版『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』の配信も開始されます。

スポンサーリンク

イントロダクション

すべては恐怖のために。新生したバイオハザード

REエンジン

「REエンジン」は「7」のために開発された新エンジン。その性能は、実写映画に匹敵するフォトリアルな表現を実現しており、さまざまなオブジェクトの質感はもとより、空気中にただよう埃などのディティールまでも描き出す。

さらにそのハイパフォーマンスは、二画面への描画が求められるVRデバイスへの出力時にも60FPSの高フレームレートを達成している。REエンジンは「7」への実装を皮切りに、さまざまな作品へと採用されてゆく。

アイソレートビュー

「7」のゲームプレイは新たな視点へと大胆な変化を遂げた。“アイソレートビュー”とは主観視点でのゲームプレイに、「孤立」「分離」と言った意味を混じえた造語だ。「7」で体験するかつてない没入感。そこには名に込めた“不安”も感じとることができる。

ビデオ

TAPE-1 “荒廃”

アバウト

PlayStation VR 完全対応

本作はPlayStation VRに完全対応。PS VRのプレイ環境さえあれば、通常のゲームプレイ同等に本編全てを楽しむ事が出来る。
360度「7」の世界に飛び込むPS VRを用いたゲームプレイ、そこには未知なる恐怖体感が待っている。

スクリーンショット

ss01ss02ss04ss05ss06ss07ss08ss09ss10

関連リンク
 ・バイオハザード7

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事