『ブラッドボーン』戦術の幅を広げる新たな戦闘システム「リゲイン」

bloodborne_140813 (3)

bloodborne_140813 (4)

SCE Japanスタジオとフロム・ソフトウェアが共同で開発を進めているPS4用アクションRPG『ブラッドボーン』について、新たなゲームシステム「リゲイン」が明らかとなりました。

bloodborne_140813 (3)

「リゲイン」とは、敵からの攻撃でダメージを負った際、一定時間内に反撃することによってHPを回復できるというシステム。戦闘において、防御や回避といった従来の行動に、あえて攻撃を受けて、その後の反撃でHP回復を狙うといったような新たな選択肢が加わることになるので、戦術の幅が広がりそうです。

また、回復アイテムと攻撃アイテムの使用スロットが別々となることや、オイルを浴びせた敵に火炎瓶をぶつけるとより激しく燃え上がるといったアイテムの組み合わせによる相乗効果があることも判明しています。

さらに、新たな武器も公開。ハンドアックスタイプの片手モードと、ハルバードのような両手モードを使い分けて戦う「獣狩りの斧」と、パイルバンカーのような見た目で、杭部分を剣のように扱い戦う形態と、杭を打ち出す形態がある「杭打機」のふたつです。なお、変形武器は戦闘において、攻撃を中断することなくリアルタイムに変形を行いながら戦えるとのことです。

関連リンク
 ・iNSIDE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事