『ブラッドボーン』ストーリー&キャラ、システム、エリア、ムービー&イメージ 公式サイトのコンテンツが一挙公開!

SCE Japanスタジオとフロム・ソフトウェアが共同開発しているPS4用アクションRPG『ブラッドボーン』の公式サイトが更新されました。

スポンサーリンク

ブラッドボーン 公式サイト更新情報

ストーリー&キャラクター

ストーリー

古都ヤーナム。遙か東、人里離れた山間にある忘れられたこの街は、
呪われた街として知られ
古くから、奇妙な風土病「獣の病」がはびこっている

「獣の病」の羅患者は、その名の通り獣憑きとなり、
人としての理性を失い夜な夜な「狩人」たちが、そうした、
もはや人ではない獣を狩っているのだと言う

だが、呪われた街はまた、古い医療の街でもある
数多くの、救われぬ病み人たちが、この怪しげな医療行為を求め、
長旅の末ヤーナムを訪れる


時代設定は19世紀ビクトリア時代。古都としての古めかしい建物群に、煙突やガス灯など、時代性のあるモチーフが見てとれる。それは、同時代のロンドンなどとは異なる、寂れた、異様な静けさに満ちた世界である。古い医療の街、ヤーナムはかつて栄えた、だが陰気な街である。土着の信仰は偏狭を育て、街路には病と血と、死の臭いが充満している。

キャラクター:重要人物

bloodborne_chara_140821

「狩人ガスコイン」
灰の舞う墓所に1人立つ、血塗れの狩人。歴戦のベテランのようだが、詳細は不明。

キャラクター:異形の獣

聖職者の獣

病により獣となった者の中でも、ひときわ大きな獣。
名状しがたい異形の角をもち、悲鳴のような叫び声をあげる。
その体は痩せさらばえ、あばらが浮かび、肉などは細くこびりついている程度だが、
しかし恐ろしい膂力(りょりょく)を誇る。

ヤーナムには、聖職者こそがもっとも恐ろしい獣になるという噂がある。
故にこの痩せた異形の獣も、聖職者の獣と呼ばれているが、
彼が実際何者であったのか、まだ分からない。

キャラクター:闇に潜む者たち

獣狩りの群衆

病の蔓延により、獣狩りに蜂起した群衆のなれの果て。
熱病のような狩りの衝動はそのままに、既に自身が獣の病に侵されている。
だが彼らはそれを知らず、狩り、殺すべき獲物を探し続ける。
彼らの濁りとろけた瞳には、人こそが獣に映るのだろう。

bloodborne-chara-c_140821

車椅子の群衆

蜂起した獣狩りの群衆の中には、ちらほらと車椅子の老人が混ざっている。
老人、特に豊かな老人が車椅子に乗るのは、ヤーナムでは日常の風景であり、
古い惨劇の記憶から、護身の銃器を手放さない者も多い。

よく動けぬ彼らにとって、それだけが獣から身を護る寄る辺であり、
また振るい得る唯一の暴力なのだ。

屍肉カラス
腐肉食のカラスの中でも、特に人の屍肉を好むものたち。
死体の豊富なヤーナムでは当然のように醜く肥え太り、既に飛ぶことすらままならないが、
攻撃性は高く、血の香りに敏感で、うかつに近づけば生きた人間にも襲い掛かる。
今生きているとして、死して屍肉となるのだから。

システム

リゲイン

bloodborne_system_regain_140821

死にたくなければ、攻撃こそ最大の防御となる。
敵の攻撃を受け、ダメージを喰らったとき、一定時間内に攻撃を返せば、
幾ばくかを回復できる新システム。
「リゲイン」システムは、防御の概念をより戦略的に転換し、
戦いの中で、プレイヤーを斬り合いの死闘へと誘う。

ウェポン

ノコギリ鉈
狩人が獣狩りに用いる工房の変形武器。
変形前は人ならぬ獣の皮肉を裂くノコギリとして、
変形後は遠心力を利用する長柄の鉈として、
それぞれ機能する。特にノコギリは、狩人を象徴する武器の1つでもある。
獣狩りの斧
しなるように反った柄が特徴的な狩人の武器の1つ。斧の特製はそのままに、
変形により状況対応能力を高めている。
ノコギリ鉈よりも重く、また「リゲイン」量に優れる。
元がどうあれ、獣は既に人ではない。だがある種の狩人は、
処刑の意味で好んで斧を用いるという。
獣狩りの銃

狩人が獣狩りに用いる工房の銃の中でも、標準的なものの1つ。
散弾を発射する。
獣狩りにおける銃の役割は、衝撃により獣の早い動きに対処する部分も大きく、
当てやすい散弾は効果が高い。

エリア

bloodborne-area_seidou_140821

聖堂街
ヤーナムは幾つかの街区に分かれている。
市街はヤーナムの中心にあたり、
大通りと橋が交差する立体的な街並みが特徴となる。
市街とは谷で隔てられた「聖堂街」は、
ヤーナム独特の「血の医療」を統括する医療協会の本拠地であり
街の名の由来となった
古い大聖堂が街はずれに威容を誇っている。

bloodborne-area_bochi_140821

ヘムウィックの墓地街
死体に事欠かないヤーナムらしく、墓地の区画はとても大きい。
無造作に大小の墓標が立ち並ぶ“墓地街”は、
不吉で鬱々とし、ヤーナムの市街などと比べて、
とても貧しく、文化レベルも低く見える。
今は人影もないこの場所に、いったい何者が潜んでいるのだろうか。

ムービー


関連リンク
 ・ブラッドボーン 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事