日本一ソフトウェアの新作は『クラシックダンジョン戦国』か

nipponichi_new-title-teaser-bgm_160205

日本一ソフトウェアが、戦国時代と思われるドット絵と8bit音楽が特徴のティザーサイトをオープンしましたが、そこで発表される新作はどうやら『クラシックダンジョン戦国』という『クラシックダンジョン』シリーズの最新作となる模様です。これは、電撃PlayStation最新号の表紙にて確認されたタイトルから明らかになったもの。

『クラシックダンジョン』シリーズとは、日本一ソフトウェアの子会社であるシステムプリズマが開発したドット絵&8bitサウンドのアクションRPGで、これまでに2作が発売。自分だけのキャラクターを描けるエディタや、主役と脇役を自由に配置してキャラクターを強化する「魔装陣」システム、ランダムに構造が変わるダンジョン99層に挑む「ランジョン」などの特徴を備えています。

関連リンク
 ・日本一ソフトウェア ティザーサイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事