コンパイル創業者・仁井谷正充氏が新会社「コンパイル○」を設立。新作落ち物パズル『にょきにょき』をコンシューマ/PC/その他で年末発売予定

compile-maru_160518

かつて存在した企業コンパイルの創業者であり、落ち物パズル『ぷよぷよ』を生み出した人物としても知られる仁井谷正充氏が、新会社「コンパイル○」を設立したことが分かりました。自身のTwitterアカウントを通じて次のように報告しています。

また、コンパイルハート○の公式サイトもオープン。そこでは、会社設立の経緯や社名に込められた意味、そして新作落ち物パズル『にょきにょき』などについて綴られています。

やっと
5月16日会社の定款、印鑑証明、法務局の印鑑カード、履歴事項全部証明書を受け取りました。これで公に法人として活動することができましたので、皆様にご報告いたします。

第三世代
にょきにょきは「てとりす」が第一世代、「ぷよぷよ」が第二世代とすれば、第三世代ではないかと自負しています。「ポチッとにゃ~」も第三世代と位置付けて発売しましたが、至らなかった点を反省し、6年前に企画、立案し、C++で初めでゲーム制作に乗り出しました。

3年前に
D4Eさんから、お声かけしていただき、PCダウンロード発売にむけて完成をめざしてましたが、このたび、コンシューマーの発売の機会を得ましたので、会社を設立することに至りました。コンシューマー,PC、そしてその他3つのプラットフォームで年末に発売する予定です。

皆様のご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

関連リンク
 ・コンパイル○

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事