『ディスガイア』シリーズのスタッフが関わる新規IP『魔壊神トリリオン』が高評価を獲得。一方、人気シリーズ最新作『ラングリッサー』は厳しい評価に ─ クロスレビュースコア

trillion_150212

ファミ通最新号のフラゲよりクロスレビュースコアが明らかとなりました。コンパイルハートのゲームブランド「魔界1番館」の第1弾タイトルであるPS Vita用ソフト『魔壊神トリリオン』が高評価を獲得。本作は、『ディスガイア』シリーズで知られる山本雅博氏がディレクター、佐藤天平氏が楽曲、ナナメダケイ氏がキャラクターデザインを担当しています。一方、人気S・RPG『ラングリッサー』シリーズの最新作である『ラングリッサー リインカーネーション』は厳しい評価となっています。

    戦国BASARA4 皇 (【数量限定特典】「足利義輝 専用武器DLC」 同梱) 戦国BASARA4 皇 (【数量限定特典】「足利義輝 専用武器DLC」 同梱)

  • PS4/PS3『戦国BASARA4 皇』9/8/8/9(34/40)
  • WiiU『エイビス』7/7/6/8(28/40)
  • 魔壊神トリリオン 「超魔界的」描き下ろし付き豪華ビジュアルブック! ! 付

  • Vita『魔壊神トリリオン』9/8/8/9(34/40)
  • Vita『ヴァンウルフ クロス』7/7/7/7(28/40)
  • 3DS『ラングリッサー リインカーネーション』6/7/7/6(26/40)
     ・ラングリッサーらしさは健在。
     ・UIや機能の完成度が低い。
     ・ステージの途中で中断セーブが出来ない。
     ・ルート分岐で各勢力のストーリーが楽しめる。
     ・選択次第で仲間と敵対することにも成り得る物語が魅力的。
     ・演出が総じて淡白。キャラの印象が残りにくくもったいない。
     ・戦闘はユニットの成長を意識することで、じっくり取り組める。
     ・プレイ時間は全クリアまで100時間。
  • 3DS『ほっぺちゃん ぷにっとしぼって大冒険!』7/7/7/7(28/40)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事