AC『ディシディアFF』やわらかエンジン実装可能と判明!間P「一部から強い要望があるのは間違いない。どうしよう(笑)」

dissidia-final-fantasy-ac_150218 (4)

Team NINJAが開発を手掛けているアーケードゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』に、”やわらかエンジン”が搭載される可能性が出てきました。これは、ファミ通最新号に掲載された本作に関するインタビュー記事より明らかになったもの。

”やわらかエンジン”とは、『DEAD OR ALIVE5 Last Round』に搭載され話題となった、人肌の柔らかさや温もりを表現するためにTeam NINJAが手塩にかけて作り上げたお手製エンジンです。

Team NINJAのリーダー早矢仕によると、”やわらかエンジン”を『ディシディアFF』に実装することは可能であり、スクエニにも実装を提案しているそうです。一方、スクエニの間プロデューサーは「今は実装されていないが、一部のお客様から強い要望を頂くことは間違いないですよね…どうしよう(笑)」と話しています。

ほか、これまでCSで展開してきた『ディシディアFF』シリーズが、なぜアーケードでリリースされることになったのかも判明。鯨岡ディレクターによると、最初は想定していなかったが、タイトーからアーケードでやらないか?と打診を受けた際、実際ゲームセンターに行ってみたところ”相性が良いかもしれない”と考えるようになったとのことです。また、パッケージ版を発売したとしても、続編という理由からユーザーが減少する可能性が高かったことも理由のひとつとして挙げています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事