『Fallout 4』ロボットコンパニオン作成や新たな舞台などDLC3種の情報が判明!DLC計画の拡張と、それに伴うシーズンパスの値上げも決定

fallout4-dlc_160217 (5)

ベセスダ・ソフトワークスは『Fallout 4』のダウンロードコンテンツ情報を公開しました。

スポンサーリンク

ダウンロードコンテンツ情報

第1弾「Automatron」

fallout4-dlc_160217 (2)

  • 配信日:3月予定/価格:9.99ドル
  • 謎の整備士が連邦に解き放ったロボットを倒して、彼らのパーツを収集することにより、プレイヤー独自のカスタムロボットコンパニオンを作り上げることができる。
  • ロボットコンパニオン向けに、何百種類にも及ぶMODが用意。四肢やアーマー、能力、武器、ペイント、音声までカスタマイズ可能。

fallout4-dlc_160217 (3)

第2弾「Wasteland Workshop」

fallout4-dlc_160217 (4)

  • 配信日:4月予定/価格:4.99ドル
  • レイダーからデスクローまで捕らえておける大規模なケージの設置が可能に。捕らえた対象は、飼い慣らしたり、仲間の居住者と戦わせることができる。
  • 入植地の建築要素にニキシー管を利用したライティングやレターキット、剥製を含む多数のデザインオプションが導入される。

fallout4-dlc_160217 (5)

第3弾「Far Harbor」

fallout4-dlc_160217 (6)

  • 配信日:5月予定/価格:24.99ドル
  • バレンタイン探偵事務所に寄せられた新たな依頼として、若い女性とシンスの隠されたコロニーの捜査を軸に、“Far Harbor”と呼ばれる謎の島が舞台となるストーリーコンテンツ。
  • 謎の島“Far Harbor”は、本作アドオンにおいて最も広大なロケーション。高いレベルの放射能汚染とより野生的な世界を特色とし、シンスとチルドレン・オブ・アトム、地元住人による対立が深刻化する状況にある。また、新たな勢力クエストや入植地、強力なクリーチャー、ダンジョン、さらに高レベルなアーマーや武器といったコンテンツを特色とする。

fallout4-dlc_160217 (1)

シーズンパス価格改定と今後のDLC展開

  • 現在29.99ドルで販売されているシーズンパスの価格が3月1日より49.99ドルに変更。
  • これはDLC計画の拡張に伴うもので、今回発表されたDLC配信以降も更なるDLCの展開が2016年内に計画されている。DLC全体で60ドル以上の価値を持つ新たな冒険や機能の導入が予告。
  • また、ゲームプレイやクエストの最適化、サバイバルモードの刷新などの無料アップデートも随時配信。

関連リンク
 ・doope!
 ・Choke Point

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事