[更新:映像追加]映画『KINGSGLAIVE FFXV』ニックス役を綾野剛さん、ルナフレーナ役を忽那汐里さんが演じることが発表!レギス役は磯部勉さん

kingsglaive_160531 (0)

スクウェア・エニックスは、7月9日に公開を予定しているフルCG長編映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』について、物語のカギを握る重要キャラクター「ニックス」と「ルナフレーナ」のボイスキャストを発表しました。

スポンサーリンク

ボイスキャスト

ニックス 役:綾野 剛(あやの ごう)

character_nyx_bg
王直属部隊「王の剣」隊員で、本作の主人公。少年時代、戦争時にレギス国王によって救われ、そのことで恩義を感じている。戦闘能力に優れ、王家の魔力との親和性が高い。

ルナフレーナ 役:忽那 汐里(くつな しおり)

character_luna_bg
神と言葉を交わし、その力で世界の浄化を担う「神凪」の巫女。幼少の頃、ノクティスと一緒に過ごしたひとときを今でも大切に思っている。ノクトとの結婚式を行う為にオルティシエに向かうはずだったが、協定が行われるルシス王都インソムニアへと向かったらしいが…。

綾野剛さんインタビュー

kingsglaive_160531
声優は“初挑戦”だったので「自分に務まるのか」という思いがありました。しかし、FINAL FANTASYが大好きなので、いちファンとして本作に関われるなんてこの先で一生ないと思い、恐縮ながら受けさせていただきました。関係者の皆さんとコミュニケーションを取りながらキャラを創っていくというのは、映画やドラマでもよくありますが、表情や感情に合わせてキャラを創っていくという難しさを感じました。

それと同時に、声優の凄みを感じました。やり遂げられたのは、FINAL FANTASYが大好きだからこそという点もあったと思います。僕らの年代ってFINAL FANTASYで色々なことが形成されたと思うんです。もはや血や骨みたいなものです。ゲームをプレイするとき、僕は感情移入してやります。「自分が旅に出てるんだ」と。この想いはファンの方なら理解してくれると思うんですが、そうでない方からすれば「なに言ってんだ」ってなりますね(笑)。

FINAL FANTASYを家で見るのではなく映画館で見るということはまずないことだと思います。友情・憂い・悲しみなどの様々な感情や、誰かを守りたい、何かを成したい、未来へ繋げたいという気持ちは、綺麗事かもしれないけど、大切なことだと思います。そうした意思が本作には表現されています。そこを皆様には体感していただきたいです。

忽那汐里さんインタビュー

kingsglaive_160531 (2)
この話を頂いた時、声だけの長編作品は経験がなかったし、「ゲームの映画化」という点に対しても、非常に興味が湧きました。映像をはじめてみた時、見た目だけでなく、髪の毛の揺れや洋服の動きなど、違和感を探すほうが難しいくらいものすごい作品だなと思いました。

私の演じたルナフレーナは、お姫様で、控えめで、強さもあって。自分の信念や使命は貫き通すというキャラクターだなと感じました。セリフは、普段絶対に使わないセリフばかりなので、見ている方に対して丁寧な伝え方ができるように心がけました。FINAL FANTASYを実際にしたことがあってもなくても、すぐ本作の世界に惹きこまれ、1つの映像作品として楽しむことができるはずです。ファンの方にとっては、懐かしいキャラクターが出てきたりしてビビッと感じることもあると思います。ぜひ公開を楽しみにしていて下さい。

【更新】
本編主人公ノクトの父であるレギス・ルシス・チェラム役は磯部勉さんです。

関連リンク
 ・4Gamer.net

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事