『ファイナルファンタジーXV』前半オープンワールド、後半リニアの2つのパートで構成されていることが判明

ff15_160212

スクウェア・エニックスが11月29日の発売を目指して最終調整中の『ファイナルファンタジーXV』。本作は、FFナンバリング最新作としてはもちろんのこと、シリーズで初めてオープンワールドを採用しているという点においても大きな注目を集めていますが、ゲーム全体を通してオープンワールドで構成されているわけでなく、0~15の全16チャプターのうち、前半がオープンワールド、後半からはストーリー主導のリニアという2つのパート(※前後半の明確な区切りは不明)で構成されていることが明らかとなりました。

これは、田畑ディレクターのインタビュー記事から分かったもの。田畑Dは「オープンワールドに飽きることなく、ゲーム全体が引き締まりますし、従来の『FF』的な進行も味わえるようにしています。」と、後半からのリニアパート導入について、そのメリットを説明しています。

なお、前半・後半のメインルートだけを遊んだ場合の想定プレイ時間は、過去発言から変更なく40~50時間とのことです。

関連リンク
 ・ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事