『ファイナルファンタジーXV』田畑ディレクター“涙があふれるほど感動的な結末を提供したい”。『FFVII』を超えることが目標とも

ff15_150805

ff15_150805

『ファイナルファンタジーXV』の開発を指揮する田畑端ディレクターが、エンディングに至るまでの長い時間をゲームプレイに費やしてくれるファンのため、とても感動的なエンディングを用意したい、そしてできるだけ多くの人に涙して欲しいとの思いを明かしました。海外誌Game Informer最新号のインタビューで語っています。

また、別のゴールとして、『ファイナルファンタジーVII』と同等のインパクトをゲーム業界に与えたいと考えているとのこと。同氏は「本作の開発チームには『ファイナルファンタジーVII』に携わったスタッフも在籍しており、彼らは『FFVII』を上回ることを目標に据えて挑戦している。『FFVII』は非常に高い目標だが、素晴らしいゴール。それは、新しい顧客や売上、その他多くをもたらします」と述べています。

関連リンク
 ・GameSpot

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事