『FF7リメイク』バトルシステムは試行錯誤中。FF7らしさを出しつつも驚きのあるものになるよう追求していく…と北瀬Pが語る

ff7-remake_150617

スクウェア・エニックスが開発を進めているフルリメイク版『ファイナルファンタジーVII』について、プロデューサーを務める北瀬佳範氏がファミ通のインタビューに応じました。

それによると、ビジュアルの方向性は見えてきているものの、バトルシステムなどは試行錯誤している段階とのこと。そして、当時のコマンドバトルのままでは通用しない可能性も考慮し、どのような方向へ持っていくかに配慮していると説明。また「普通にリメイクすると、よくあるタイプのアクションRPGになってしまうため、いかに『FF7』らしさを出しながら驚きのあるものにするかを追求していく」と意気込みも語っています。なお、開発度については「聞かないでください(笑)」と答えており、開発にはまだまだ時間がかかるであろうことを窺わせています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事