フロム・ソフトウェア宮崎社長インタビュー:『ダークソウル』開発経験を活かした新たなタイトルを作りたい。『アーマード・コア』は終わらせるつもりはない…など

miyazaki-hidetaka_160613

フロム・ソフトウェアの社長であり『デモンズソウル』や『Bloodborne』、『ダークソウル』シリーズのディレクターでもある宮崎英高氏のインタビューが、4Gamer.netに掲載されました。

スポンサーリンク

宮崎英高社長インタビュー

ダークソウル3について

  • もともとダークソウルシリーズの大きな区切りとして考えていた。また、続編らしい続編として作ってみようとも思っていた。
  • 最初から関わっていたわけではなく、開発の最初期にうまくいっておらず、当時の社長(神直利氏)から直接依頼を受け参加することになった。他のディレクターと協同する形での開発を試してみたかった。
  • 各マップのサイズが拡大したうえ、立体的な構造もあり、探索しがいのあるマップは多いと思うが、一方でマップ毎の繋がりという点では弱い部分もあった。
  • DLCは2本考えており、1本目は2016年秋、2本目は2017年初頭リリースを予定している。新マップ、武器防具、ストーリーが含まれる。ある小さな隔絶した世界を巡る物語を想定している。現在はちょうど1本目の開発がスタートしたところ。2本のDLCをあわせて3マップ分くらいのボリューム。

今後について

  • 今後はダークソウルを作ってきた経験を活かして新しいタイトルを作りたい。
  • シリーズが完全に終わるわけではない。現状は続編やスピンオフは考えていないが、将来誰かが新たな企画を立ち上げ、それが魅力的なものであれば否定はしない。自身でも「引退作としてもう一回作りたい」という気分になる可能性もある。
  • 『デモンズソウル』や『ダークソウル』のリマスター類は否定しない。リマスターや別の展開なりの判断はバンナムやSIEがするもの。フロム以外が開発するリマスターなども当然あり得る。
  • ジャンルとしてのアクションRPG、世界観としてのダークファンタジーは、ダークソウルでなくてもあり得ると思うし、何らかのアプローチは続けていく。
  • 今後の方向性は大きく3つ。「アクションRPGなりダークファンタジーなりをダークソウルとは違う切り口で表現しようとするもの」。「過去に手掛けた作品のリブートや、そこを手掛かりとした新しいゲーム」。「そうした過去の方向性とは少し毛色が違うもの。おそらくは少し変なもの」。
  • 上記3つは段階に差はあるものの、どれも具体的に動いている。
  • フロム・ソフトウェアで同時に動いている開発ラインは大体2.5~3.5。
  • 早ければ小規模な作品を2017年度内に何らか触ってもらえる可能性がある。
  • 現状では実現性は低いが「ファンタジー+メカ」のタイトルを作ってみたい。
  • Kickstarterで話題となった『ダークソウル』のボードゲームには一切関わっていない。何らかの形で日本語ローカライズできればと思っているし、働きかけもしていきたい。
  • 個人的にボードゲームやカードゲーム、できればTRPGを作ってみたい。

VRやスマホ、アーマード・コアについて

  • VRにはとても興味がある。体験として新しく刺激的。何らかの形で関わっていければ。
  • スマホと距離を置くつもりはないが、フロムはマネタイズから発想するゲーム制作が苦手。故になかなか形にならず、結果としてスマホに消極的に見えているのかもしれない。スマホはゲームプラットフォームとして面白いと思っており、座組を含めて模索している。
  • ハイエンドゲームを自由に作れる現状は貴重。機会があるうちに、後々後悔しないように、あるいは現状を維持できるように、全力でハイエンドゲームを作っていきたい。
  • 『アーマード・コア』シリーズを終わらせるつもりはない。社内に「作りたい」という優秀なスタッフも大勢いるので作らない手はない。

関連リンク
 ・4Gamer.net

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事