『Guitar Hero Live』2015年秋発売決定!一人称視点を採用、ギターコントローラーはオモチャっぽさを廃したリアルな仕上がりに

GuitarHeroLive_150415

Activisionは、人気音楽ゲーム『Guitar Hero』シリーズの最新作『Guitar Hero Live』を2015年秋に発売すると発表しました。開発は『DJ Hero』シリーズのFreeStyleGamesが担当し、対応プラットフォームはPS4/PS3/XboxOne/Xbox360/WiiU、価格は99.99ドルです。なお、モバイルデバイスのサポートも視野に入れているとのこと。

  • 従来の三人称視点から変更して、実写を用いた一人称視点を採用。各楽曲は、バンドメンバーと共にスタンバイするバックステージ映像からスタートし、スタッフからギターを渡されてステージに飛び出す。
  • 観衆はプレイヤーの演奏にリアルタイムで反応し、失敗すればブーイング、素晴らしい演奏をすれば歓声をあげる。
  • 新たなギターコントローラーは、よりリアルでオモチャっぽさを廃したデザイン。スタンドに立て掛けておくとカッコイイ。フィードバックやボタンの感触に関しても時間を掛けた。
  • 24時間音楽ビデオを流し続けるGHTVが搭載されており、丁度放映中のビデオをそのままプレイしたり、マルチプレイに参戦したりといったことが可能。GHTVでは、好きな楽曲が見つかるまでチャンネルを変えることはもちろん、好きな楽曲だけをプレイするオンデマンド方式も導入する。
  • 収録アーティストは、The Black Keys、Fall Out Boy、My Chemical Romance、Gary Clark Jr.、Green Day、Ed Sheeran、The War on Drugs、The Killers、Skrillex、The Rolling Stones、The Lumineers、Pierce the Veil、Blitz Kidsなど。

関連リンク
 ・Choke Point

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事