『ガンダムブレイカー3』GPやプラスチックの増殖バグ修正などアップデートが配信

gundam-braker-3_160104

バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/PS Vita用ソフト『ガンダムブレイカー3』について、各種バグを修正するアップデート(Ver.1.01)の配信を開始しました。

アップデート内容は以下のとおりです。

  • ビルダーズパーツのガンプラの性能を向上させる機体装飾用パーツのうち、2スロット消費するパーツの効果を、1スロット消費するパーツの効果の2倍となるよう修正。
  • 射撃武器に「3連装ロケットランチャー」(「ジュアッグアーム」装備時)、「メガ粒子砲」(「バイアラン・カスタムアーム」装備時)、「ハンドガン」(「モビルカプルアーム」装備時)を装備している時に、ペイント画面に入ろうとするとゲームが停止する不具合を修正。
  • ショップで販売しているガンプラ「HG V2アサルトバスターガンダム」の中身に「メガ・ビーム・ライフル(V2アサルト)」と「メガ・ビーム・シールド」を追加し、「V2ガンダムアーム」を「V2アサルトガンダムアーム」に、「V2ガンダムバックパック」を「V2バスターガンダムバックパック」に変更。
  • アセンブル画面のシールトダブで「ガトリングシールド」「コンバインシールド」を売却しても消えない不具合を修正。
  • アイテムの売却や合成をした際に、売却した数、使用した数、残りの数が不正な値になることがある不具合を修正。
  • その他、動作の安定性を向上。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事