PS4『初音ミク Project DIVA Future Tone』特定箇所を繰り返し練習できるプラクティス機能搭載。PV鑑賞で撮影したフォトをロード画面の背景に利用可能

hatsune-miku-project-diva-future-tone_160608

セガゲームスは、6月23日に配信を開始するPS4用ソフト『初音ミク Project DIVA Future Tone』の最新情報を公開しました。

スポンサーリンク

メインメニュー「リズムゲーム」について

  • リズムゲームのプレイや楽曲PVの鑑賞などメインとなるメニュー。
  • プレイ可能な楽曲は、無料本体アプリ『Prelude』に2曲、追加コンテンツ『Future Sound』に127曲、『Colorful Tone』に95曲収録されており、計224曲。
  • 各コンテンツを購入することで、収録されているリズムゲームプレイやPV鑑賞が可能となる。

初音ミク PDFT メインメニュー

楽曲セレクター

  • メニューから「リズムゲーム」を選択すると、楽曲セレクターが表示される。
  • ここでプレイする楽曲や難易度を選択。
  • 楽曲リストには各種アイコンが表示されており、難易度やスライド操作有無、複数キャラが登場する場合の人数、過去の達成率と成績などを確認可能。

初音ミク PDFT初音ミク PDFT初音ミク PDFT

難易度について

難易度は「EASY」「NORMAL」「HARD」「EXTREME」「EXTRA EXTREME」の5種類を用意。「EXTREME」「EXTRA EXTREME(一部楽曲のみ)」は、「HARD」をクリアすることで開放される。なお、一部楽曲には「EASY」と「NORMAL」が存在しない。

プラクティス

  • シリーズ初のプラクティス機能を搭載。
  • 楽曲セレクターで「プラクティス スタート」を選ぶと、リズムゲーム中の任意の部分だけを繰り返し練習できる。

初音ミク PDFT初音ミク PDFT

プラクティスの設定について

「開始時間設定」で、楽曲の練習開始位置を自由に設定可能。また、プレイ中でも練習開始位置の調整ができるほか、1ボタンでテンポ良くリスタートが可能。

PV鑑賞と撮影

  • 楽曲PVをじっくりと楽しめる「PV鑑賞」
  • PS4のSHARE機能とは別に、専用の撮影機能を搭載しており、PV鑑賞中に△ボタンを押すと撮影が行える。
  • 撮影したPVフォトは、ゲーム中のロード画面背景として利用できる。
  • PVフォトはPS4のキャプチャギャラリーより閲覧・投稿が可能。

初音ミク PDFT

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事