『ハイスコアガール』の著作権違法容疑でスクエニ社員15人と漫画家・押切蓮介氏が書類送検

スクウェア・エニックス出版の漫画『ハイスコアガール』の中で、SNKプレイモアが著作権を持つゲームのキャラクターが無断使用されていた件について、大阪府警は本日11月17日、スクウェア・エニックス編集・出版部門の役員や担当者15人、漫画の作者である押切蓮介氏を著作権違法容疑で書類送検しました。

16人全員が「許諾を取っているかどうか知らなかった」などと容疑を否認しており、作者である押切蓮介氏は「スクウェア・エニックスが許諾を取ってくれていると思った」と話しているとのことです。

関連リンク
 ・産経NET

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事