イメージエポックが破産手続き開始の決定を受けたことが判明

image-epoch_150401

御影良衛氏が代表を務める企業イメージエポックが、5月7日に東京地裁より破産手続き開始の決定を受けたことが明らかとなりました。

イメージエポックは、2004年創業のゲーム開発会社。「JRPG宣言」を掲げ、『最後の約束の物語』『ソールトリガー』『ブラック★ロックシューター THE GAME』などRPG作品を中心に事業を展開。2011年9月期の年収入高は約17億5100万円を計上するなど一時躍進を見せたものの、ゲーム開発にともなう資金負担が重荷となる中で計画通りの売り上げを確保できず2013年9月期の年収入高は約4億1000万円にまで減少。その後も業況は回復することなく2014年11月までには実質的な活動を停止したとのこと。負債は約11億円です。

関連リンク
 ・帝国データバンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事