MAGES.志倉千代丸氏『カオスチャイルド』について「PSなど他機種への移植も絶賛検討中。発表にご期待ください」

chaos-child_140904

MAGES.の志倉千代丸社長が、Xbox Oneで発売中の『カオスチャイルド』について、「PSなど他機種への移植を絶賛検討中」であると明かし、PSユーザーへ向けて「少し時間がかかるかも知れませんが未来の発表にご期待ください」とツイートしました。

志倉千代丸氏は、「なんか『カオスチャイルド』(に限らず)移植の件で、ごく一部の人と行き違いがあるようなので、今後は積極的にコメントしようかい!」というツイートを皮切りに、MAGES.のソフトハウスとしてのスタンスについて次のように綴っています。

「ADVゲームは出来るだけ多くの人にプレイして頂き、その物語を共有してもらいたいと思っているので、評価や情勢に合わせて他機種への移植も常に(最初から)検討しています。このスタンスは過去の取材などでも主張している通り変わってません。」

「あえて極端な言い方をすれば、どの作品も最終的にはPS4(PS3)、PSV、ONE(360)、iOS、Android、3DS、WiiUなど思いつく限り全てのハードでプレイ環境を整える事が“ベスト”だと思っています。これがMAGES.というソフトハウスとしての基本的な考え方です。」

「でも残念ながらこの全機種を「同時にやれ」というのは、様々な理由によってあまり現実的ではないのです。とあるハードで先行優先的に遊べるレアな期間が生じるのは、それはそれとしてそのハード所有者だけのアドバンテージ。それがコミュニティの起点になるなら僕らソフトハウスとしても嬉しいのです。」

「ちなみに『カオスチャイルド』のアニメ化は、いくつかお話しは頂いているものの残念ながら決定しているワケではなく検討中です。PSなど他機種への移植も同じく絶賛検討中です。PSシリーズユーザーの方は少し時間がかかるかも知れませんが未来の発表にご期待下さい(●゜v`)ノ」

「25年前の話し。発売されるゲームのほとんどがPC-88やPC-98、X1や68000、FM-7だった時代…MZ-2000ユーザーだった僕は、そんな世の中を本気で変えたいと思いプログラムの勉強を始めました。「自分でゼビウス作ったる…」残念ながら作れませんでしたが( ̄Д ̄) 笑」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事