エクストリームが「メサイヤ」ブランドに係るゲームソフトの全著作権を取得

masiya_141114

masiya_141114

メサイヤ関連商品の企画・開発、サブライセンス業務を行い、2014年4月には「メサイヤゲームス」という新たなブランドの立ち上げも行った株式会社エクストリームが、日本コンピュータシステムが持つ「メサイヤ」ブランドに係るゲームソフトの全著作権について譲受契約を締結したと発表しました。

スポンサーリンク

「メサイヤ」ブランド著作権等譲渡契約締結のお知らせ

 株式会社エクストリーム(本社:東京都豊島区、代表取締役社長CEO:佐藤昌平)は、2014 年11月14日、日本コンピュータシステム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:犬飼善博)と、「メサイヤ」ブランドに係るゲームソフトの全ての著作権について、譲渡(譲受)契約を締結致しましたのでお知らせいたします。

メサイヤとは?

 1980年代よりPCエンジン、スーパーファミコンなどの家庭用ゲームにおいて、人気を博した日本コンピュータシステム株式会社が保有するゲームブランドです。発売したタイトル数は100超を数え、ブランド創設から20年超経過した現在でも、ゲームファンの根強い支持を得ております。
 また、2014年4月からは、コアゲーマーに向けた新たな取り組みとしてインディーズゲームブランド「メサイヤゲームス」を立ち上げ、本ブランドの新たな展開も行っております。
 株式会社エクストリームは、日本コンピュータシステム株式会社とメサイヤコンテンツ関連商品に関する商標と著作物の利用についての契約及び商品化権等における代理店契約を締結しており、これらに基づき、様々なメサイヤ関連商品を企画・開発及び、サブライセンス業務を行って参りましたが、この度の著作権等譲渡契約に締結により、本ブランドにおけるゲームソフトに関する全ての著作権等を保有することになりました。

メサイヤブランド主要作品

・超兄貴 シリーズ
・ラングリッサー シリーズ
・改造町人シュビビンマン シリーズ
・重装機兵(レイノスヴァルケン) シリーズなど

関連リンク
 ・「メサイヤ」ブランド著作権等譲渡契約締結のお知らせ(※pdf)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事