『幻影異聞録#FE』は“デビルサバイバー”シリーズの高田慎二郎氏がプロデューサーを担当。キャラクターデザインはtoi8氏、他にも著名な外部クリエイターの協力あり

genei-ibunroku-fe_150402

任天堂より今冬発売が発表されたWii U用ソフト『幻影異聞録#FE』。2年前に『真・女神転生』×『ファイアーエムブレム』のクロスオーバー作品として発表され大きな話題を呼んだものの、それ以降は続報が途絶えていましたが、本日のニンテンドーダイレクトにて正式タイトルと発売時期が公表、さらにPVも公開されるに至りました。

そんな『幻影異聞録#FE』ですが、『デビルサバイバー』シリーズの高田慎二郎氏がプロデューサーを手掛けることが明らかとなりました。同氏は本作について、「予想とかなり違っていたという方も多かったのではと思います」とした上で、「当初自分も、どこまで『エムブレム』を取り入れるかで非常に悩みましたし、任天堂さんとも慎重に協議を重ねてきました」と産みの苦しみを吐露。しかし「オリジナルに準じた作品を開発するのであれば、インテリジェントシステムズさんが手がければ良い。アトラスが開発するなら、アトラスが得意とする作品にすべきである」という考えに至ってからは、一気に方向性が定まったそうです。

結果、本作は「“現代日本を舞台に、さまざまな悩みや葛藤を抱えた等身大のキャラクターたちの成長を描くRPG”という基本軸に『エムブレム』のエッセンスを織り交ぜた、単なるコラボを超える作品を目指すことになった」と説明しています。

また、今回のPVは「まだまだ作りかけの部分が多い」そうで、「ゲームの雰囲気はお伝えできたでしょうか?」と少し不安げな様子。なお、「『エムブレム』のエッセンスがわかりづらかったかもしれませんが、その点は続報をお待ちいただければと思います」としており、今後の情報で本作に振りかけられたFEエッセンスが徐々に明らかになっていくようです。

genei-ibunroku-fe_150402

本作のキャラクターデザインはtoi8(といはち)氏が担当。「#FEの世界観を爽やかな色使いとポップなタッチで描き、親しみやすさと華やかさを両立してもらった」と高田P。なお、toi8氏以外にも著名な外部クリエイターの協力を得ているそうで、また改めて紹介されるようです。

関連リンク
 ・幻影異聞録#FE

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事