カプコンの交通系ICカード連動ゲーム『めがみめぐり』は小さな女神との“おしゃべりコミュニケーションゲーム”。東芝と共同開発したスピークエンジンで肉声に近い音声を実現

megamimeguri_160830

カプコンが3DS向けに今冬発売を予定している3DS用ソフト『めがみめぐり』の詳細情報が明らかとなりました。

本作は、新米めがみ「ツクモ」を一人前に成長させていく“おしゃべりコミュニケーションゲーム”。音声合成によるフルボイスや、交通系ICカードとの連動機能が大きな特徴の作品で、キャラクターデザインは箕星太郎氏が担当。TGS2016にプレイアブル出展予定です。

スポンサーリンク

ゲーム概要

  • ツクモはプレイヤーに色々な質問をしてくる。その受け答えの中で知らない言葉を教えてあげると、言葉を覚えて会話の中で使うようになる。
  • 東芝とカプコンが共同開発した「めがみスピークエンジン」を実装。これにより、肉声に近い合成音声を実現しており、プレイヤーが入力したどんな言葉も滑らかなフルボイスになる。
  • SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを読み取ると、乗車履歴や買物情報によって、ツクモと新しい会話が発生したり、アイテムが貰えたりする。※ICカードがなくても楽しめる。
  • 対応ICカードは「Suica」「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「manaca」「PiTaPa」「ICOCA」「nimoca」「SUGOCA」「はやかけん」の10種類。
  • ゲーム内には、実在する全国9000以上の駅が登場する。

キャラクター

ツクモ CV:伊藤彩沙

megamimeguri_160830
ICカードサイズのツクモガミ。マイペースでお調子者。人懐っこい。

アマテラス CV:尾崎由香

めがみの教育役。ツクモが一人前になるまでの導き手としてプレイヤーの旅に同行する。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事