『メタルギアソリッドV TPP』FOBミッションを中心に新仕様の追加と改良を実施するアップデートが配信!

mgsv-tpp_151006

コナミは、発売中の『メタルギアソリッドV ファントム・ペイン』において、本日10月6日よりアップデートを実施します。以下、アップデートの詳細です。

スポンサーリンク

新たに「イベントFOB」が登場

他プレイヤーFOBへの潜入だけでなく、運営側が用意した「イベントFOB」への潜入が可能に。「イベントFOB」からの報復はないため、心置きなく資源やスタッフを奪うことが可能。他プレイヤーから奪うという行為に躊躇していた人も気軽に挑戦できる。

損害補償サービス開始

他プレイヤーに奪われた資源やスタッフが保障される「損害補償」(有償)サービスが開始。奪われたものと同等の資源やスタッフを潜入側プレーヤーに補填する。MBコインは有償だが、 ログインボーナス等で配布される無償MBコインも利用可能。なお、以下は補償の対象外となる。

  • 営倉(FOB)にいる他プレーヤーのスタッフなど、自分所有として確定していないもの
  • 防衛スタッフの負傷 (回収と死亡は補償されます)
  • 防衛側のプレーヤーキャラクターとして使用したスタッフ (回収と死亡も)
  • 核兵器

オンライン専用派遣ミッションの内容を拡充。報酬も大幅増

オンライン専用派遣ミッションのミッション内容を大幅に拡充し、報酬も多種多様に。より高ランクの能力を持つ兵士や、『ハオマ』や『ジギタリス(ルテア)』などのレアな薬効植物も報酬として入手可能に。

新アイテム追加。さらなる高性能「グレード7」も登場

新たな武器やアイテムが追加。従来の最高グレード6を超えるグレード7が開発可能に。以下、一部を紹介。

S1000 AIR-S

非殺傷ポンプアクションショットガン。近距離の敵を吹き飛ばし、一撃で気絶させるほどの威力を持つ。警備兵も装備可能。

HAIL MGR-4

マガジンタイプグレネードランチャー。ドラムマガジンを採用することで、装填弾数が大幅アップ。広範囲に、すばやく弾幕を張って複数の敵を威嚇、ダメージを与えたり、隠れている相手に対して即応性の高い戦術を取ることが可能。攻撃、陽動、FOB防衛と活躍の幅が広いグレネーダー。

AM MRS-71 RIFLE

7.62mm口径セミオートスナイパーライフル。威力が上がり、かつ命中精度も維持。オプションスロット追加によりカスタマイズ性も向上し、様々な場面に対応可能。警備兵も装備可能。

警備スタッフ用に暗視装置が開発可能に

他プレイヤーの夜間潜入やスモークグレネードを使われた時にも対処できる「警備兵用NVG(暗視装置)」が開発可能に。

痕跡を残さない潜入が可能に

見つかったり、警備兵やコンテナなどを回収したりしなければ、潜入先のプレイヤーに通知されることなくFOBミッションを遂行できるように。

画面表示要素やポイント評価を改良

FOBで潜入された場合の被害総額やエスピオナージポイントの内訳の表示など、操作画面やリザルト画面を改良。

GMPや各資源の保有量がサーバー管理に対応。上限が大幅増

最大保有量に制限のあったGMPや各資源が、サーバー管理に対応し、その保有量の上限が大幅に増加。ただし、ローカル時の最大保有量の制限を超えたGMPや各資源の利用には、オンライン接続が必要。オフライン時は、サーバー側に保有されているGMPや各資源は利用不可。

その他

自身のマザーベース規模を示す「PFレーティング」
ミッション出撃準備画面でのソート機能
マザーベースの自動スタッフ割当に「警備班優先」が追加
バランス調整や不具合の修正

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事