『モンスターハンター4G』チャージアックス、双剣、ヘビィボウガンの新アクション、復活を遂げたディアブロス(&亜種)や旧砂漠フィールドの情報が公開

カプコンは10月11日に発売を予定している3DS用ソフト『モンスターハンター4G』の公式サイトを更新し、新アクションやモンスター、フィールドの情報を公開しました。

スポンサーリンク

モンスターハンター4G 最新情報

新アクション:チャージアックス

mh4g-ca01_140725
剣モードアクション中、盾による突き攻撃が追加。

mh4g-ca02_140725
「剣:盾突き」から即座に「斧:高出力属性解放斬り」へ繋げられる。

mh4g-ca03_140725
「斧:高出力属性解放斬り」の途中、追加アクションの「斧:属性強化回転斬り」でキャンセルすると、溜まっていた剣撃エネルギーが武器に蓄積され「属性強化状態」となる。

mh4g-ca04_140725
「属性強化状態」では、盾の強化や斧モードの攻撃力がアップし、
「斧:高出力属性解放斬り」が「斧:超高出力属性解放斬り」に強化される。

新アクション:双剣

mh4g-wb01_140725

鬼人強化中の鬼人連斬から、鬼人連斬フィニッシュを繰り出し、
さらに鬼人強化中の攻撃へと派生する。

新アクション:ヘビィボウガン

竜撃弾をリロードしている状態であれば、他の弾種で射撃中でも途中に竜撃弾を発射させることが可能になった。(※レア度6以上のヘビィボウガンは、リミッター解除によって竜撃弾のリロードが可能になるなどの特徴がある)

mh4g-hb01_140725
竜撃弾をリロードしていれば、他の弾種に切り替えてリロードしても竜撃弾は武器に装填されたまま。弾アイコンでも分かりやすく表示される。

貫通弾で連続射撃の途中にリロード済の竜撃弾を射撃。

モンスター:角竜ディアブロス

mh4g-diablos01_140725

巨大な2本の角を持つ飛竜種のモンスター。“砂漠の暴君”の通り名で知られるとおり、非常に凶暴な性質のモンスターであり、ねじれた角とハンマーの様に発達した尾を振りかざし、縄張りに入り込んだ外敵へ猛然と襲いかかる。
段差の多い地形であろうと、頑強な角を用いて軽々とその巨体を潜り込ませることができ、音を頼りに察知した外敵を、足下からの鋭い突き上げで急襲する。

モンスター:黒角竜ディアブロス亜種

mh4g-diablosa_140725 (4)

繁殖期に入り、体色が黒く変化したディアブロスの雌個体。非常に気性が荒く、その黒色は外敵への警告色であると言われている。通常種をはるかに凌ぐ攻撃性を持ち、獲物の位置を正確に捉えて繰り出される突進は“死の宣告”そのものと思えるほどの威力を誇る。
地中から巨大な2本の角を振りかざし飛び出す急襲攻撃のスピードも凄まじい。

フィールド:旧砂漠(昼)

フィールド:旧砂漠(夜)


関連リンク
 ・モンスターハンター4G 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事