PS Vita『ものべの -pure Smile-』発売日が9月25日に決定。アフターストーリーの内容も明らかに

monobeno-ps_logo
ヒューネックスのゲームブランド dramaticreate が送るPS Vita向け恋愛アドベンチャー『ものべの -pure smile-』の発売日が9月25日に決定しました。価格は通常版が6,900円+税、オリジナルドラマCDと特製原画集を同梱した限定版が8,900円+税です。

  • PC向けタイトル『ものべの』&『ものべの -happy end-』が原作の恋愛アドベンチャー。
  • 『ものべの -pure smile-』では、原作を手がけたスタッフによるオリジナルエピソードと新規ビジュアルを大量追加。
  • PS Vitaならではの要素としてタッチスクリーン操作に対応するほか、クロックモードも搭載予定。
  • ヒロイン3人の本編ストーリーをひと通りプレイした後に、本編から続くストーリーを描く「アフターストーリー」収録。それぞれ本編ルートと同等以上のボリュームがある本格的なシナリオになっている。

    <飛車角ストーリー>
    時はさかのぼって幕末の世。
    出雲山中を旅する飛車角は、いたいけな少女が神と思しき存在に詰め寄られているところへ遭遇する。
    少女をなんとか守ろうとする飛車角だが、その神“いづものみこ”はある提案を持ちかけてくる……

    <ありすアフターストーリー>
    茂伸村を抜け出した透とありすは、大学近くのアパートで暮らしていた。
    まだ眠ったままの夏葉を看護しながら、つつましくも幸せな生活を送るふたり。
    だがある日、ありすの元へ謎の人物が訪れ、ありすの身体に異変が……?

    <すみアフターストーリー>
    透とすみは結婚をし、それから7年の月日が流れる。
    第1子・えみの成長と競うように、透はずっと博師修行に努め続けていた。
    そして新しい家族と共に旅立つ。今度こそ、夏葉の時を取り戻すために……

    <夏葉アフターストーリー>
    夏葉を元の小さな身体に戻すことができた。しかしまだ夏葉の病・IAGSは完治していない。
    治療のために、夏葉は茂伸村を離れて犀玉の大病院に入院することになる。
    新しい生活の中で、夏葉と透はまた新しい経験を重ねていく……

  • アフターストーリーに登場するキャラクター

    monobeno_140530 (19)
    ■「えみ(声:種崎敦美)」
    透とすみの娘。半人半妖。
    性格は活発で好奇心旺盛、人並み外れた行動力の持ち主だが、その子供らしい無鉄砲さは、時に両親の心配のタネになることも。
    人にも妖にも動物にも懐っこく近寄り、誰とでもすぐに仲良くなる。
    ※関連ストーリー:すみアフターストーリー

    「ん! えみ、とおたんとおはなしするー」

    monobeno_140530 (20)
    ■「鉄砲撃レ狸(声:早瀬弥生)」
    人間世界とは異なる“境の向こう”の世界に住む雌の豆狸妖怪。八百八狸の一匹。
    かわいい見た目に似合わずとても高い戦闘能力を持つ。
    えみの親友となり、透たちにも協力する。
    ※関連ストーリー:すみアフターストーリー

    「申し遅れましたポコ。
    撃レは、鉄砲撃レ狸っていう化け狸ですポコ」

    monobeno_140530 (21)
    ■「左女郎・右女郎(声:田中涼子)」

    “境の向こう”探索の連絡係を務めるため、滝女郎が生み出した分身の二人。
    二人はどんなに遠く離れていてもお互い意思疎通ができる。
    右女郎は、はきはきしていて活動的、プライドが高くちょっと意地っ張り。
    左女郎は、ひかえめで物静か、物わかりが良く素直。
    ※関連ストーリー:すみアフターストーリー

    (右女郎)
    「むこうのなぞ、おそるるにたらじ。
    参るなれば参りて、とくすませようぞ」

    (左女郎)
    「はわわ、なにもかもおそろしゅうございまする。
    いじめないでくださりませ。ぶたないでくださりませ」

    monobeno_140530 (22)
    ■「七面頬(声:前田恵)」
    茂伸の妖怪たちを束ねる主として、人からも妖からも崇められる存在。
    正体は七つの頭を持つ巨大な蛭の大妖。
    神になる修行のため出雲へ赴いたと言われているが、長らくその姿を見たものはいない。
    ※関連ストーリー:すみアフターストーリー

    「願いは。わかった。」

    monobeno_140530 (23)
    ■「つみ(声:高橋かな)」
    呪術者の邪法によって、“罪、咎、穢れ”の呪いを辺りに振りまく身体にされてしまった少女。
    つみ自身は心優しく、周囲への害意はまったく無い。
    いづものみこに追われていたところを飛車角に助けられ、共に行動するうちに好意を寄せるようになる。
    ※関連ストーリー:飛車角ストーリー

    「あ、あんがとな。助げてくれて――えとっ、かさよー、はん?」

    monobeno_140530 (24)
    ■「いづものみこ(声:眞田朱音)」
    神代の頃から生きる出雲の古き神。
    つみを巡って飛車角と対立する。
    出雲の民を守る為ならば手段を選ぼうとしない。
    だが、神でありながらどこか人間臭いところがあり、情け深く心優しい一面も持つ。
    ※関連ストーリー:飛車角ストーリー

    「いづものみこは神ですけぇ。
    助け求めるもんがおったら、助けるだけの話しですよって」

    monobeno_140530 (25)
    ■「星辰ひめみや(声:深田愛衣)」
    茂伸村に伝わる祈祷“ひめみや流”の開祖。
    はるか昔にこの世を去ってしまっていたが、茂伸の危機を察知し、現世に復活して透たちと生活することになる。
    持ち前の才と適応力で、現代の生活スタイルにも難なくなじむ。
    透たちからは“ご開祖ちゃん”と呼ばれて親しまれる。
    ※関連ストーリー:ありすアフターストーリー

    「ん、そッスか? じゃ、自分のニックネームは、『ご開祖ちゃん』で決まりにするッス!」

  • ありすのグラフィック変化について
    アフターストーリーでは、ゲーム物語内の年月経過にともない、ありすも大人へと成長。また、“ありすストーリー”では、星辰ひめみやの来訪により子供に戻ってしまったありすが登場する。

関連リンク

 ・ものべの -pure smile- 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事