マイクロソフト泉水氏「E3発表タイトルは基本ほとんど全てのゲームが日本でも発売」「日本独自のサービスも予定。今月中に発表予定」

日本マイクロソフトの泉水敬氏がファミ通のインタビューに語ったところによると、マイクロソフトがE3 2014 メディアブリーフィングにて発表したXbox One用タイトルは、基本ほとんど全てのゲームが日本で展開されるそうです。

また、ゲーム以外のコンテンツサービスについても日本独自のものを予定しており、今月中には日本での展開も発表する予定とのことです。

  • Kinectと別売りにすることで購入価格という遊ぶ前のハードルを下げ、まずはより多くの人に触れてもらう。そこからXbox Oneのフル体験をKinectも含めてしてもらえるような展開を考えている。
  • (協力プレイタイトルが多かったが?)協力型のゲーム人気が高まっているので、それを中心に展開していこうと思う現れ。
  • (泉水氏が個人的に気になるタイトルは)プラチナゲームズの『スケールバウンド』。10数年Xbox事業に関わってきたので『ファントムダスト』も気になる。
  • (日本は北米より11ヶ月の遅れがあるが取り戻せる?)この期間に発売されたタイトルは日本でも順次発売するので、日本ユーザーは短期間にとても多くのゲームを遊べる。
  • (PS4と比較したXbox Oneの魅力)タイトルラインナップはユニーク。数もそうだがバラエティに富んでいる。Kinectを使った体験や、ゲーム以外のエンターテインメントも数多く提供していく。
  • カジュアルゲームはゲーム人口を増加させる効果があると思う。そこを入り口にゲームを始めた人の中には、よりハイエンドなゲームを遊びたいと考える人も出てくると思うので、どちらかが圧倒するのではなく、今後も共存していくのではないかと考える。
  • シリーズものは多くのユーザーがコンスタントに楽しむものなのできちんと展開していく。一方で新しいものを出すことも大切。このへんはインディーに期待している部分もある。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事