任天堂、QOL事業における最初のテーマは「睡眠と疲労の見える化」と発表

nintendo-qol_141030

任天堂は、本日10月30日に開催した経営方針説明会において、QOL事業で最初に扱うテーマを「睡眠と疲労の見える化」と発表しました。

同社は今年1月、娯楽の定義を「人々のQOLを楽しく向上させるもの」と再定義するとし、「健康」や「学習」「生活」といった領域への事業拡大を表明していましたが、そんなQOL事業の第1弾のテーマとして本日発表されたのが「睡眠と疲労の見える化」です。

「睡眠と疲労の見える化」とは、QOLセンサーなる機器で睡眠状態と疲労状態を計測し、そのデータをQOLクラウドサーバー群へと送信、データを分析・評価するというもので、睡眠呼吸障害などの医療機器を開発・製造・販売している世界トップクラスの企業であるResMedとの業務提携により実現したとのこと。

なお、QOLセンサーは、電波を使って身体の動きや呼吸、心拍などを計測できるため、眠気も覚めてしまうような難しく煩わしい操作や、快適な睡眠を妨げるような体への配線は一切必要なく、睡眠時に布団やベッドの横に置いておくだけでいいとのこと。これは、任天堂が掲げたFive“Non”(身に付ける必要なし、身体に触れる必要なし、操作の必要なし、測定を待つ必要なし、設置の手間なし)に基づいた設計となっています。

次に、分析・評価されたデータをもとに、QOL改善のための色々な行動…例えば、運動や食事の選択といったおすすめが提供されます。この結果がどうだったのかが、毎日継続的に睡眠や疲労の状態を計測する中で徐々に傾向として現れ、このサイクルがQOL向上に繋がっていくという仕組みとのことです。

関連リンク
 ・任天堂 経営方針説明会 資料

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事