『仁王』武器の耐久度は廃止。代わりに使い込むほどに強くなる“愛用度”を採用…などインタビュー情報。1080pスクリーンショットも紹介

nioh_160617

コーエーテクモゲームスより2016年冬の発売が予定されているダーク戦国アクションRPG『仁王』について、ディレクター早矢仕洋介氏と安田文彦氏がインタビューに応じました。

  • 武器の耐久度は廃止。新たな仕様として「愛用度」を用意。これは、武器を使い込むほどに強化されていくというもので、耐久度がマイナスの縛りなら、愛用度はプラスの縛り。
  • 新たな武器「二刀」。何度も攻撃できるが一撃は刀よりも軽い。
  • 後ろに下がる際、敵に背中を向けていたが、機敏に後ろに下がるようにした。左右への動きも速くなっている。
  • 女性の妖怪の名前は「飛縁魔」。若い男を誘惑するという言い伝えのある妖怪なので、妖艶な格好をしている。
  • 開発は順調。ベータ体験版は予定通り8月にリリースできると思う。年内の発売も死守する。
  • アジアのユーザーからは「難しすぎる」という声が多かった。簡単にするのはゲームのコンセプトと異なるので、理不尽だと感じるところを徹底的に改善する。
  • 「二刀」以外にも未発表の武器がある。
  • ストーリーも含めて戦国時代好きに満足してもらえるものにしている。戦国時代の有名人がたくさん登場する。
  • β体験版にはチュートリアルとして道場ステージを用意した。スキップも可能。
  • β体験版にはα体験版のステージも収録する。

image_nioh-32185-3380_0013image_nioh-32185-3380_0012image_nioh-32185-3380_0011image_nioh-32185-3380_0010image_nioh-32185-3380_0009image_nioh-32185-3380_0008image_nioh-32185-3380_0007image_nioh-32185-3380_0006image_nioh-32185-3380_0005image_nioh-32185-3380_0004image_nioh-32185-3380_0003image_nioh-32185-3380_0002image_nioh-32185-3380_0001

関連リンク
 ・ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事