FFシリーズ作曲家・植松伸夫氏が『FF6』メンバーで新作2Dゲームを作るべくスクエニに話を持ちかけたことが判明

『ファイナルファンタジー』シリーズの楽曲を手掛けていることで知られる作曲家・植松伸夫氏が、『ファイナルファンタジーVI』を超える2Dゲームを作ってみたいと考えていることが分かりました。これは、先日行われた演奏会「ラピスドリームオーケストラ」のパンフレットに掲載されたインタビューより明らかになったもの。

植松伸夫氏は「作ってみたいなぁ~」とただ考えているだけではなく、既にスクウェア・エニックスに話を持ちかけており、さらには『ファイナルファンタジーVI』を完成させたメンバーを集めて決起集会も行ったとのこと。かなりの本気度が感じられるだけに、期待させられます!今後の動向に注目ですね。

なお、インタビューによると、植松伸夫氏はFF全シリーズの中で『FFVI』の曲が一番好きとのこと。また、FFシリーズ生みの親である坂口博信氏と会うと、発売から20年経った今でも「FFVIって良かった」「FFVIはもっと突き詰めたかった」という話しになるのだそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事

コメント

  1. […] En una reciente entrevista, la pareja de creativos aseguró que todavía queda espacio para innovar en los gráficos 2D dentro del género del rol, algo que están dispuestos a conseguir en futuros proyectos con su equipo de desarrollo. […]

  2. […] Thanks to an interview with Games Talk, that was translated by Siliconera, we now know that Nobou Uematsu essentially wants to “get the gang back together” and create a new 2D RPG game. That old gang, you ask? Why, none other than team me […]

  3. […] In dem Prospektmaterial war laut dem Bericht des japanischen Videospielemagazins Game Jouhou (via VG24/7) ein Interview mit Uematsu zu finden, in dem er den besagten Wunsch äußerte. Demnach waren die beiden kreativen Köpfe kürzlich in eine Diskus […]