イニス矢野氏『押忍!闘え!応援団』シリーズの続編開発に意欲を見せる

ouendan_160510

分かりやすく熱い展開のストーリーやリズムアクションとしての完成度の高さなどから口コミで広がりヒットとなった任天堂のDS用ゲーム『押忍!闘え!応援団』シリーズ。本作の開発を手掛けたイニスの取締役副社長であり、ディレクター/ゲームデザインを担当した矢野慶一氏が、海外メディアPolygonに対して続編開発の意欲を見せたことが明らかとなりました。

インタビュアーの『押忍!闘え!応援団』シリーズの復活に関する質問を受けた矢野氏は、次のように回答。

“もちろん、任天堂とは良い関係にあるよ。思うに、こういうタイプのゲームの大半は続きがあっていつか帰ってくるもので、シリーズが戻ってくるべきだと感じられる適切な時がある。たいていの場合、そういう類の事はプラットフォームが決めるんだ。例えばこのゲームはこのプラットフォームにピッタリだ!と人々が言う時だね”

そのうえで、続編開発に対する意欲があることを明かし、うまくいけばそれは次のプラットフォームとなると述べたとのことです。

関連リンク
 ・AUTOMATON

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事