『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』DINGOからペルソナチーム主軸の開発体制にシフト

p4d_140921

2014年秋から2015年へと発売が延期されてしまった『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』。本作は、アトラスの大人気ソフト『ペルソナ4』のキャラクターたちが、名曲揃いのPサウンドに乗せてダンスするリズムアクションゲームで、小室哲哉さんと浅倉大介さんという大物をはじめ、さまざまなミュージシャンとのコラボも決定している話題のタイトルです。

そんな本作は、『Project DIVA』シリーズでその名を知られるDINGOとアトラスによる共同開発タイトル…だったはずなのですが、延期発表と同時に、大きくアピールされていたはずの「DINGO」の名前が公式サイトから消えてしまいました。その件について、本作プロデューサー兼ディレクターである和田和久氏より公式な説明が行われています。

只今、よりクオリティーを高めるため、ペルソナチーム主軸の開発体制にシフトして、Dingoさんの協力を頂きながら、スタッフ一同全力で開発にあたっております。

来年の出来るだけ早い時期の発売を目指して頑張っておりますので、期待してお待ちください!
今回のPVは、新情報がキャラクターとアレンジ曲のみでしたが、次回はもっと濃い内容をお届けできる予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

“Dingoさんの協力を頂きながら”とありますが、あれほどアピールしていた「ATLUS × DINGO」という共同開発表記を完全消去したことから察すると…。ハイクオリティーなPサウンドで楽しめるリズムアクションゲームですから、楽しみじゃないと言えば大嘘になりますが、今回のことがシリーズの本道であるRPG作品の最新作『ペルソナ5』の開発遅延以上に悪い影響を及ぼすようなことにだけはなってほしくないと切に願います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事