プラチナゲームズの三並達也氏 3月末で社長を退任していたことが判明

platinum-games_160202

プラチナゲームズの三並達也氏が、3月末をもって同社の代表取締役社長を退任していたことが明らかとなりました。後任は佐藤健一氏が務めます。

三並達也氏は、カプコンで『ロックマン』や『バイオハザード』など多数の著名タイトルの開発に携わったゲームクリエイター。2006年にカプコンを退社し有限会社ODDを立ち上げ、翌年2007年には神谷英樹氏や三上真司氏らが所属するSEEDと合併を行って現在のプラチナゲームズを設立しました。

関連リンク
 ・GameBusiness.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事