『龍が如く6』大人数チームバトルが展開する新要素「クランクリエイター」。桐生会を巨大組織に育て上げ勝利を掴め!オンライン対戦にも対応

ryugagotoku6_160916

セガゲームスより12月8日に発売が予定されているPS4用ソフト『龍が如く6 命の詩。』の新要素「クランクリエイター」の情報が公開されました。

スポンサーリンク

クランクリエイター

龍が如く6 クランクリエイター
神室町と尾道の2つの街を股にかけて繰り広げられる新要素「クランクリエイター」とは、桐生をリーダーとする桐生会と、悪の集団JUSTISの2つの組織が入り乱れて戦う大人数チームバトル。

仲間を指揮し、大人数チームバトルに勝利せよ

シリーズ初の大人数vs大人数の乱戦バトル。仲間に的確な指示を与え、チームを勝利に導け。

仲間には「組員」「組長」がおり、組長は出撃コストが低く大人数を出撃可能だが、個々の能力は低い。同種類の組員を何体でも出撃させることができ、組員はバランス型の「喧嘩兵」、遠距離からの攻撃が可能な「拳銃兵」、体力が非常に高く壁役にもなる「豪腕兵」、攻撃力が非常に高い「突撃兵」、手榴弾での範囲攻撃が可能な「爆弾兵」の5種類に分かれる。

組長は出撃コストが高い分、戦闘能力は高い。各組長は1体ずつしか出撃できないが、強力なスキルで戦況を変えられる。スキルの発動や移動といった簡単な指示が可能。

龍が如く6 クランクリエイター龍が如く6 クランクリエイター

巨大組織に育て上げろ

街には桐生会の仲間になる組長が多数存在する。彼らを仲間にすることで桐生会を大きく成長させることができる。

龍が如く6 クランクリエイター

Point.01:組長を組織に組み込み勢力をアップ

組織図上に組長を組み入れることで「総勢力」がアップ。総勢力が増えると出撃ゲージが増加し、バトルが有利になる。ミッションを進めることで桐生会の組織Lvがアップし、組織図が拡大。より多くの組長を組織に組み込めるようになっていく。

龍が如く6 クランクリエイター

Point.02:組長によって使える組員が変化

バトルに出撃できる組長は最大で6人。組長ごとにバトルで使用できる組員が決まっている。組長と組員を上手く組織すれば出撃コストも下がり、大量の組員を展開させることができる。

Point.03:優秀な子分を付けて親分を強化

組織図で親分と子分の親子関係をつくることができる。親は子分が付くことでその能力が10%強化され、子分が増えれば増えるほど強化量も増えていく。攻撃型の組長を子分に付けるか、体力型の組長を子分につけるか、強化の仕方で組長の強さも変化する。

龍が如く6 クランクリエイター

個性あふれるキャラクターが多数登場

新日本プロレスとコラボレーションが実現。お馴染みのキャラクター達も登場。

新日本プロレス所属の人気レスラーたちが登場。“六狂人”と呼ばれるJUSTISの幹部となって桐生の前に立ちはだかる。悪の集団JUSTISとそれを打倒すべく結成された桐生会との熱き戦いの物語が展開される。その他にも真島や冴島などお馴染みのキャラクター達も登場する。

龍が如く6 クランクリエイター龍が如く6 クランクリエイター龍が如く6 クランクリエイター龍が如く6 クランクリエイター龍が如く6 クランクリエイター龍が如く6 クランクリエイター龍が如く6 クランクリエイター

オンラインで最強を目指せ

クランクリエイターでは、オンラインに対応。友人など他のプレイヤーと対戦したり、防衛布陣を構築しサーバーにアップロードすることで自動対戦をしたりすることができる。また、曜日や期間限定ミッションなど様々なミッションが用意され、ミッションは随時追加される。スコアTOP10の強力なユーザーと対戦できるランカーバトルも搭載。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事