『超惑星戦記メタファイト』が復活!インティ・クリエイツ『ブラスターマスターゼロ』2017年春リリースを発表

blaster-master-zero_161106

インティ・クリエイツは、11月5日に開催した独自イベント「INTI CREATES FAN FESTA 20th Anniversary」にて、3DSダウンロードソフト『ブラスターマスターゼロ』を2017年春に配信すると発表しました。

本作は、1988年にサンソフトが発売したFC用アクションゲーム『超惑星戦記メタファイト』のライセンスを受けて、インティ・クリエイツが制作する新作です。

スポンサーリンク

ゲームの特徴

  • グラフィックスは、『超惑星戦記メタファイト』(1作目)をベースに、ファミコン全盛期の2Dゲームを意識した8ビットスタイルのドット絵を基調とし、現世代機向けに最適化したアレンジを加えている。
  • 新たなエリアやボスなどの追加だけでなく、サブウェポンの追加、ソフィア-III(メタルアタッカー)を降車した時のアクション性の改善、シナリオの充実、探索要素の拡充なども実施。

ストーリー&世界観

――近未来の地球。

多様な生物が共存している緑豊かな惑星であったが、大規模な戦争と環境破壊により氷河期が到来し、人類は地下への大規模移住を余儀なくされた。

長く続いた氷河期の終わりと共に、人類は地下での研究を元に地球を緑豊かな惑星へと復元する計画を開始。同時期に謎の彗星が地球に落下するというアクシデントが起こるものの、生態系の復元は順調に進み、人類は地上で暮らすことができる環境を取り戻した。

――それから数百年後。

ロボット工学の分野で名を馳せる天才少年、ジェイソン・フラドニック。
彼はある日、見たこともない生物を発見した。
どの資料にも記載されていない生物に好奇心を刺激されたジェイソンは、その生物に「フレッド」と名付け調査を開始するが、時をおかずして逃げられてしまう。
ジェイソンはフレッドを追い、かつて人類が暮らした地下の世界へと足を踏み入れることとなった。そこで1台の車両と邂逅する。

「ソフィア-III」と刻まれたその車両は、彼の搭乗を促すかのようにコックピットを開けた。ジェイソンはフレッドを連れ戻すため、ソフィア-?に乗り込み、冒険へと旅立つのだった。

――地下で蠢く謎の存在を知らずに。

スクリーンショット

003004005006007008009010011012013014

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事