スクエニ橋本氏が『FFX-3』についてコメント「まずはFFVIIリメイクとKHIIIを作る。少々お待ち下さい」

ffx-3_161110

イタリアのイベント「Lucca Comics & Games」に出演したスクウェア・エニックスの橋本真司氏が、ファンから『ファイナルファンタジーX-3』について質問され回答する場面がありました。発言内容は以下の通りです。

「『FFX/X-2』リマスター版が世界中で大ヒットしました。おまけとして『FFX-3』のプロットのようなものがドラマとしてあり、ファンからは期待の声が届いています。ただし、どうしても越えられない壁があります。それは、北瀬佳範も野村哲也も、『FFVIIリメイク』や『キングダムハーツIII』の制作に取り組んでいるということです。まずは発表済みのタイトルをしっかりと作るため集中させているので、少々お待ち下さい。ティーダもユウナも大変人気のあるキャラクターなので、彼らのドラマも大切にしたいと思っています。」

『ファイナルファンタジーX-3』とは、スクウェア・エニックスが正式に発表したタイトルではなく、『FFX/X-2 HD Remaster』の特典として付属した『FFX-2』の一年後を描く追加ボイスストーリーや新キャラのデザインなどから、いずれ登場するのではないかと推測されているタイトル。野村哲也氏や野島伸司氏も『FFX-3』を望むようなコメントを残しています。

関連リンク

 ・YouTube

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事