『喧嘩番長 乙女』アニメ化が決定!

スパイク・チュンソフトは、女子力を磨いて愛を育むもよし、拳と漢気でマブダチになるもよし…という新感覚の乙女ゲーとして人気を博しているPS Vita用ソフト『喧嘩番長 乙女』について、Project No.9による10分の短編アニメ化が決定したことを発表しました。

アニメ版のタイトルは『喧嘩番長乙女 -Girls Beats Boys-』で2017年春より放映開始予定。ストーリーやキャスト、制作スタッフ、タイアップアーティスト情報も明らかとなっています。

スポンサーリンク

ストーリー

 原作ゲームは、物心がついた時から施設暮らしで、両親の顔も知らない天涯孤独のヒロイン・中山ひなこの前に「ひかる」と名乗る双子の兄があらわれ、突然、県下一のヤンキー校として名高い私立獅子吼学園という男子校へ通うことになるという物語。この原作を元にしたテレビアニメ版では、魅力的なメイン男性キャラクターの5人に加え、アニメオリジナルのキャラクターも登場。兄の代わりとして獅子吼学園へ通う羽目になったヒロインと、イケメンヤンキーたちが繰り広げる学園ストーリーの幕が開く。

キャスト

 キャストは原作ゲームから続投。気のいい同級生ヤンキー「箕輪斗々丸」をKENN、1年最強のストイックヤンキー「金春貴之」を蒼井翔太、孤高の1匹狼ヤンキー「吉良麟太郎」を細谷佳正、自由奔放なアイドルヤンキー「未良子裕太」を柿原徹也、学園をシメる伝説のヤンキー「鬼ヶ島鳳凰」を前野智昭、そしてヒロインの双子の兄「鬼ヶ島ひかる」を代永翼、鬼ヶ島組の若頭でひかるの世話係「坂口春生」を近藤隆が演じる。

制作スタッフ

 豪華スタッフを迎え、アニメーション制作は実力派制作スタジオ「project No.9」が務める。原作ゲームでキャラクターデザインを担当した黒蜜きなこも本作に参加。

監督:齋藤徳明
シリーズ構成:高橋ナツコ
脚本:高橋ナツコ・渡邊大輔・高木聖子・金子祐介
アニメーションキャラクター:まじろ
制作:project No.9
監修:スパイク・チュンソフト
原作キャラクターデザイン:黒蜜きなこ

タイアップアーティスト

 オープニング・エンディングに「Love Desire」を起用。「Love Desire」はTwitterフォロワー数とツイキャス(ネット生放送サービス)の登録サポーター数はそれぞれ20万人を超えツイキャス等のネット生放送を中心に活動する、としやん、とら*、sakuya、Kenty、のイケメンボイス4人組。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事