『龍が如く6』日本・アジア地域の累計出荷本数が50万本突破!“尾道聖地巡礼補助金”が貰えるフォトコンテストの開催も決定

セガゲームスは、12月8日に発売したPS4用ソフト『龍が如く6 命の詩。』の日本とアジア地域における累計出荷本数が50万本を突破したと発表しました。あわせて、シリーズ累計の全世界出荷本数が900万本に到達したことも報告しています。

また、『龍が如く6』ゲーム内のカメラ機能を用いたフォトコンテストの開催も決定。このコンテストには、桐生が持つスマートフォンXperiaのカメラで撮影したスクリーンショットを、ハッシュタグ「#龍が如くフォトコンテスト」をつけてTwitterに投稿するだけで参加可能です。応募作品の中から開発陣が厳正に審査選考を行い、入賞者にはゲーム内の広島・仁涯町のモデルとなった広島県尾道市へ行ける「聖地巡礼補助金(旅行カード)」がプレゼントされます。詳細はリンク先にて。

2016年12月15日〜2017年2月22日まで『龍が如く6 命の詩。』フォトコンテスト開催中!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事