『メガテン』『ペルソナ』シリーズの橋野桂氏が新スタジオを立ち上げ新たなRPGを制作することが判明!

『メガテン』や『ペルソナ』シリーズでその名を知られるアトラス橋野桂氏が、新スタジオを立ち上げ新たなRPGへの制作に挑むことが明らかとなりました。詳細は今週発売のファミ通に掲載されるとのこと。また、12月23日にはこの新作に関するニコ生特番の放送も予定されています。橋野桂氏からのメッセージ、そしてニコ生概要は以下の通りです。

スポンサーリンク

「ペルソナ」でもない、「メガテン」でもない。新たな挑戦───

アトラスのRPGが産声をあげたのは今から25年前。
当時のRPGといえば、いわゆる“ファンタジー”世界における物語が主流でした。こうした「当たり前の」世界観への「対抗」としてリリースされたのは「真・女神転生」シリーズ、そしてそのスピンオフとしてリリースされた「ペルソナ」シリーズです。
いずれのシリーズも、最新作を含めた今日まで、常に時代へのカウンターとなるようなコンセプトで制作してきました。
では、今、アトラスが、これらシリーズ作品の継続に加えて、新たに取り組むべきRPGへの切り口とは何か?
それは、何十年も「当たり前」のように消費されているジャンルへの挑戦ではないか、と考えています。
挑戦は、今、まさに始まろうとしています。ゼロからの誕生の瞬間、ゼロからの挑戦の瞬間にぜひお立ち会い頂ければ幸いです。

プロデューサー・ゲームディレクター 橋野桂

アトラス公式「激論!アトラスが遂に始める“王道RPG”が気になってしょうがない!(仮)」

『ペルソナ』でも、『メガテン』でもない、全く新しいRPGプロジェクト始動。
アトラスが満を持して挑むという、新たなる王道“ファンタジーRPG”とは一体?

『ペルソナ3』、『ペルソナ4』、『ペルソナ5』、『真・女神転生III-NOCTURNE』など
アトラスで数多くのRPGを手掛けた、ディレクター兼クリエイティブプロデューサーの
橋野桂が立ち上げた「新スタジオ」と、
そこから挑もうとする「新・RPG」に業界メディアやクリエイター、
おなじみのご意見番(!?)たちが大注目!

さまざまな角度からその未知の可能性を探る、熱いトークが展開する・・・!
(ニコ生初公開映像もアリ!!)
さらに番組本編開始前に、アトラス アートワークチームの副島成記のライブペインティングをお届け! 今回の番組のために新たに描き下ろす1枚!お見逃しなく!

出演者

司会:
渡辺浩弐(作家)
松澤千晶(アナウンサー)

第1部(仮)ゲスト:
林克彦(週刊ファミ通編集長)ほか

第2部(仮)ゲスト:
マフィア梶田(フリーライター)
杉田智和(声優)

ほか、豪華な映像出演ゲスト多数!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事