『ペルソナ』シリーズ橋野桂氏が手掛ける王道RPGプロジェクト『PROJECT Re FANTASY』副島氏&目黒氏も参加

アトラスによる新プロジェクト『PROJECT Re FANTASY』の情報がファミ通最新号に掲載。その内容が一部明らかとなったのでご紹介します。

スポンサーリンク

橋野桂氏が手掛ける王道ファンタジープロジェクト

『PROJECT Re FANTASY』は、新設されたプロダクション「スタジオ・ゼロ」が手掛ける王道ファンタジーRPGプロジェクト。ハードは未定。スタジオ・ゼロには、『ペルソナシリーズ』のプロデュース&ディレクションを手掛ける橋野桂氏、アートワークの副島成記氏、コンポーザーの目黒将司氏らが参加。また、12月23日22時からスタッフの大規模募集を開始するとのこと。

アトラス取締役兼コンシューマソフトウェア局局長の平岡直人氏は今回のプロダクション設立について、アトラスの中期計画として新規IPを生み出すことを使命としたプロダクションを設立し、さらなる高みを目指したいという思いを予てから抱いており、『ペルソナ5』を終えた橋野氏になら任せられると考えたと説明。また、副島成記氏と目黒将司氏の参加については、ペルソナシリーズだけに留まらない活躍をして欲しいという思いからの人選であることを明かしています。

さらに平岡氏は、ペルソナシリーズを始め、その他のタイトルも開発中であることを明言。年が明ければ、それほど待たせることなく今後のタイトルも発表できる予定とのことです。

なお、公開されたビジュアルは、本作に対する心構えを共有するためのコンセプトアートであり、このキャラが主人公というわけではないとしています。

studio-zero_161221-2

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事