プラチナゲームズ開発のアクションRPG『Scalebound』開発中止が発表

scalebound

Microsoftは、XboxOne/Windows10用タイトル『Sclaebound』の開発中止を発表しました。プレスリリースの内容は以下の通り。

慎重に検討した結果、Microsoft Studiosは「スケイルバウンド」のプロダクションを終了する決断に至りました。弊社では今年も素晴らしいゲームのライナップを提供していき、「Halo Wars 2」、「Crackdown 3」、「State of Decay 2」、「Sea of Thieves」を楽しみにしていただきたく存じます。

『Scalebound』は、2014年のE3で発表されたアクションRPG。プラチナゲームズが開発、そして『バイオハザード2』や『デビルメイクライ』、『大神』、『ベヨネッタ』といった、いずれも高く評価される名作を生み出してきた同社所属のゲームデザイナー神谷英樹氏がディレクターを務めるということで大きな注目を集めていました。その一方で、当初発売が予定されていた2016年を迎えて間もなく2017年への大幅な発売延期が発表、その後も大きな続報がないなど、プロジェクトの難航を示唆する状況も見受けられました。

関連リンク

 ・IGN

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事