[更新:生産の続行をNOEが明言]噂:海外版ミニファミコン生産終了?北欧小売店が報告「任天堂が何を考えているのか分からない」

【更新】
海外メディアTechRadarが欧州任天堂(Nintendo of Europe)に取材したところ、今後もNES Classic Editionの増産を続け定期的に小売店へユニットを出荷し続けるという回答を得たとのことです。(Game*Sparkより


2016年11月に発売されて以来、長らく品薄状態が続いている「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。その海外版である「NES Classic Edition」について、北欧の小売店から任天堂が生産を終了したという報告が届いています。

この情報を伝えたのは、ノルウェーの小売店Spillsjappa。同店はFacebookを通じて、任天堂の北欧代理店であるBergsalaから生産終了を告げられたと報告。海外フォーラムNeoGAFでも、やはり北欧の小売店店員から同様の報告が寄せられている模様。人気商品のまさかの早期生産終了通達に、小売店店員からは「任天堂が何を考えているのか分からない」と感想が漏れています。なお、今のところ北欧以外の地域では生産終了報告はあがっていないようです。

関連リンク

 ・Game*Spark

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事