『ブルーリフレクション』バトルのテクニック&コツ、新原種「コクマー」、仲間との絆「交流値」について

コーエーテクモゲームスは3月30日に発売を予定しているPS4/PS Vita用ソフト『ブルーリフレクション 幻に舞う少女の剣』について、戦闘に関するテクニックやコツ、新たな原種「コクマー」、仲間との絆「交流値」といった情報を公開しました。

スポンサーリンク

“原種”との戦い:バトルのテクニック

003 (1)

仲間のサポート

日菜子たちの前に立ちはだかる強大な生物・原種。原種戦が異世界での通常バトルと大きく異なるのは、リフレクター以外の仲間がサポーターとして一緒に戦ってくれること。日常生活で絆を強めた生徒が戦いをサポート。

004いっしょに戦ってくれる仲間たちは、戦況や状態、アドバイスを伝えてくれる。

005仲間のサポートの効果は、回復やステータスアップなどさまざま。サポートには、生徒自身のMPを消費する。なお、生徒自身のHPがなくなるとバトルから撤退してしまうことも。

原種と戦う前には、日菜子、夕月、来夢のそれぞれに最大4名ずつ、どの仲間をサポーターとして付けるかを決める。回復薬のサポートをアタッカーに育てたリフレクターに付けたり、ステータスアップ系のサポーターをアタッカーに付けたり、組み合わせは自由。

アクティブコマンドとオーバードライブ

通常バトルでも重要な要素である“ガード”や“リカバリー”などのアクティブコマンドは、ゲームの進行に応じて種類が増加していく。

アクティブコマンドの種類

  • サポーター保護
    ボタンを押し続けているあいだ、サポーターのHPやMPが回復する。
  • リカバリー
    ボタンを押し続けているあいだ、リフレクターのHPやMPが回復する。
  • ガード
    敵から受けるダメージを軽減します。ガードするたびに効果がアップしていく。
  • タイムライン操作
    ボタンを押し続けているあいだ、味方の行動順を早くして敵の行動順を遅くする。

なお、アクティブコマンドの使用には、“エーテル”が必要。リフレクターの行動順がきたら、“エーテルチャージ”のコマンドを使って溜めよう。

007
原種との戦いは、相手の体力を一定まで減らすたびに攻撃手段が変わったり、受けるダメージが大きくなったりと、熾烈さを増していく。

いくら仲間のサポートがあっても、単発のスキルだけでは厳しい戦いになる。そこで活躍するのが、溜めたエーテルを使って繰り出せる「オーバードライブ」。通常、スキルは一度の行動時に1回使えるが、オーバードライブのコマンドを選ぶと、一度の行動時に連続でスキルを使えるようになる。

008
オーバードライブは、連続でスキルを使う回数が選べる。回数を重ねるほど威力が上昇する。

009010
単発でスキルを発動(左画像)した場合と、オーバードライブの3回目で同じスキルを使った(右画像)場合。威力の違いは歴然だが、連続でスキルを使うと必要なエーテルも増えていく。

戦いのコツ

これらのシステムをうまく活用すれば、原種とのバトルも有利に進めることが可能。どのタイミングで何のコマンドを使うか、バトルで覚えておくと安心な戦いのコツを紹介。

011
【Step 1】隙を作る
バトルで重要なエーテルの力。エーテルを溜めるために、敵の行動順を遅らせるスキルを使い、相手が行動できない隙を作り出す。

012
【Step 2】エーテルチャージ
敵よりリフレクターの行動順が早く回ってきている間、相手の行動順を遅らせるスキルを使いつつ、順番にはエーテルチャージでエーテルを溜めていく。エーテルチャージ中のリフレクターはMPも回復する。

013
【Step 3】アクティブコマンド
常に誰かがエーテルチャージをしている状況を作り、必要に応じてアクティブコマンドを使用。不意の一撃があったらリカバリー、強力が攻撃が来そうならガードなど、戦況を見ながら4つのアクティブコマンドを使う。

014015
【Step 4】オーバードライブ
攻撃力の高いリフレクターの順番が来たら、エーテルを使ってオーバードライブを繰り出す。連続で使えるスキルの中には、隙を作るために敵の行動順を遅らせるスキルを必ず入れよう。また、オーバードライブで最後に選ぶスキルは、MP消費の多い高威力スキルを選ぶのがオススメ。また、オーバードライブで特定回数まで連続でスキルを使えば、最後の決め技として絶大な威力を誇る協力技が発動する。

016
あらゆるシステムやスキルを駆使して、強大な原種へと挑め

017
原種とのバトル中、特定のタイミングで画面に“リフレクトカウンター”が表示される。

018
リフレクトカウンターは、リフレクターの力を集約したトドメの技。選択後、どのようなシーンが展開されるかは、実際にプレイして確認しよう。

新たなる原種

コクマー

これまで判明している「イェソド」「ネツァク」「ティファレト」に加え、新たなる脅威「コクマー」が登場。

019

020
重戦車のような体躯をしており、体内のあらゆる箇所から、砲撃を主体とした攻撃を繰り出してくる。

021022

仲間との絆

023

交流値

原種との戦いではサポーターとして、日常生活では友人としてなど、登場する生徒たちは、絆を強めることで日菜子のさまざまな力になってくれる。

絆の強さは“交流値”で表され、この値が高いほど、原種との戦いで仲間がサポートしてくれる頻度が高まる。

<交流値を上げるには?>

  • 絆エピソード
    放課後に、学園にいる仲間に話しかけると発生することがある特別エピソード。選択肢が表示される場合があり、選んだ内容によって交流値などが変化します。
  • デートイベント
    放課後に、学園にいる仲間に話しかけた後、お出かけに誘うと発生する特別エピソード。誘ったあと、どこへ行くかはイベントが発生してからのお楽しみ。
024025
絆エピソードとデートイベントは、仲間ごとにさまざまなものが用意されている。各エピソードを進めていくうち次第に絆も強まり、日菜子の助けとなってくれる。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事