本家公認『ダウンタウン熱血物語』新作が海外インディーから登場!『River City Ransom: Underground』Steamにて配信開始

river-city-ransom_170228

カナダのインディースタジオ Conatus Creativeが、PC向け2Dアクション『River City Ransom: Underground』をSteamにてリリースしました。価格は1,980円ですが、3月7日までは20%OFFの1,584円で販売中です。

『ダウンタウン熱血物語』の英語名である『River City Ransom』を名乗るこの作品は、くにおくんシリーズのライセンスを管理するアークシステムワークスから正式な許諾を得て開発されたもの。2013年に実施されたKikckstarterキャンペーンの成功によって実現した本作の概要は以下の通りです。

スポンサーリンク

『River City Ransom: Underground』について

ファミコン時代の人気アクションゲームが帰ってきたぜ!

学校の屋上でスリックを倒してから、長い年月が経った。アレックスとライアンは再び、戦いに巻き込まれてしまう。新たな仲間と協力し、リバーシティの悪党達を蹴散らしながら、悪意が満ちる誘拐事件を解決しようとする。金を稼ぎ、技の開放やアップグレードをしながら、混乱に堕ちた街を探り回る。この近代化されたクラシックには500以上の技、武器、シークレットなどあり、ボーナスの闘技場モードまでプレイできる。

要素:

  • 最大4人のオンライン協力プレイと闘技場デスマッチ
  • リバーシティの新たな物語
  • 10人のプレイ可能なキャラクターには一人一人の個性やプレイスタイルがある
  • 140のステージには危険やシークレットなど隠されてる
  • 22の店ではキャラクターのアップグレードができる
  • 闘技場のマルチプレイでチームを選び、モデファイアーやCPUプレイヤーも使える
  • 勇者か悪党として遊べる:おまえは全44人のファイターを解放できるか?

関連リンク

 ・River City Ransom: Underground|Steam

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事