任天堂が「Nintendo Switch」18年3月期の生産計画を2倍以上に引き上げることが判明。1年目生産ペースとしては「Wii」に並ぶ

nintendo-switch_170317

任天堂が、3月3日に発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch」の2018年3月期生産計画を少なくとも2倍に引き上げることが分かったと、The Wall Street Journalが報じました。この決定は、現在の好調な需要を受けてのもので、発売開始1年目の生産ペースとしては累計1億台以上を販売した大ヒットゲーム機「Wii」に並ぶとのことです。

 関係者によると、任天堂と契約する生産会社は現在、18年3月期のスイッチ生産計画を1600万台以上としており、当初計画の800万台から引き上げた。これは在庫を考慮した場合でも、任天堂が18年3月期のスイッチ販売台数を1000万台超と見込んでいることになると関係者は話している。大方のアナリストが予想する販売台数はこれよりも少ない。

関連リンク

 ・The Wll Street Journal

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事