モノビット、日本初のVR-MMORPG制作を目指すVRゲーム事業部を新設。『VP』『SO』を手掛けた山岸功典氏がゲーム事業部長に就任

モノビットは本日、日本初のVR-MMORPG制作を目指すVRゲーム事業部の新設を発表。その事業部長として、先日スクウェア・エニックスからの退職を公表した山岸功典氏が就任したことを明らかにしました。以下、モノビットのプレスリリースならびに山岸氏のコメントです。

スポンサーリンク

モノビット、数々の名作RPGを生み出した山岸功典がVRゲーム事業部部長に就任!
日本初のVR-MMORPG制作を目指し、VRゲーム事業部を組成!

株式会社モノビット(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:本城 嘉太郎、以下モノビット)は、2017年4月3日付にて、新たにVRゲーム事業部部長に、「スターオーシャンシリーズ」や「ヴァルキリープロファイルシリーズ」等を生み出した山岸 功典が就任し、日本初のVR-MMORPG制作を目指し、社内にてVRゲーム事業部を組成し、日本発のVRゲームを制作してまいります。

【山岸 功典より就任のメッセージ】
長年に渡って、スクウェエア・エニックスでスターオーシャンシリーズ、ヴァルキリープロファイルシリーズ等、RPGタイトルのプロデューサーを務めてきましたが、この度モノビット社において、VRによるRPGコンテンツを制作させていただくこととなりました。

VRはまだ動き出したばかりのジャンルですが、今後確実に伸びていくジャンルであり、あらゆる可能性を秘めていると考えております。そんな中でも、RPGというジャンルはゲームの花形であり、限りなく面白いエンターテインメントを提供できるゲームジャンルであると確信しており、今まで得てきたゲーム制作のノウハウを活かし、最高のVR-MMORPGコンテンツを制作して参りたいと考えております。

そして更には、VR制作ノウハウを活かした、全く新しいVRコンテンツも制作していきたいと考えておりますので、どうぞご期待ください。

■「VRクラウド」の開発について
株式会社モノビットのミドルウェア事業部では、『モノビットエンジン』というリアルタイム通信エンジンを開発、販売しており、ネットワークゲームの基幹技術について高いノウハウを持っています。その最先端のネットワークテクノロジーとCTOの中嶋 謙互により、「VRクラウド」の開発を行い、VR内で世界中の人々が集えるVRオンラインコンテンツ制作をスムーズに行える環境を提供いたします。

■株式会社モノビットについて
株式会社モノビット(代表取締役社長:本城嘉太郎)は、ゲームとネットワークのテクノロジーをベースに、あらゆるエンターテインメントコンテンツ制作を行っている、エンターテインメントテクノロジーベンチャーです。自社開発のリアルタイム通信エンジンをミドルウェアとして販売しています。そして、近年、注目を浴びているVR/AR市場に本格参入も果たし、VR/AR対応ゲーム、360°動画をはじめとしたVR/ARコンテンツの企画・制作を行うほか、VR/AR事業各社と協力し、VR/ARに関わるビジネスプラン構築までプロデュースをおこなうなど、VR/AR事業を幅広く展開しております。

モノビットは多様な企画力・開発力を推進剤として、常に最新技術を積極的に取り入れながら、『世界で一番面白いゲームをつくる』を企業理念に新しいコンテンツを提供し続けます。

関連リンク

 ・4Gamer.net

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事